トルコ選抜に感謝!   

ワールドカップの遺産で実現した真剣勝負

5.26 U-23日本-トルコ選抜 試合後 ユナル・カラマン監督会見

 いい話です。トルコ選抜の監督が、これだけの質の高いチームを用意してくれたことに感謝ですね。はるか遠方から呼ばれてやってきたチームはいつも「あれ?こんなちーむだったっけ?」というほどパフォーマンスが悪かった。

 それに引き換え、今回のトルコ選抜は強い。そして早い。U-23のメンバーも、判断や反応の速さに差を感じたことだろう。

「まだ五輪でメダルを取る力はない」大久保嘉人=U-23サッカー日本代表

「強い相手にどれだけボールを回せるかが重要」松井大輔=U-23サッカー日本代表

 大久保がウラでボールを欲しがっていたとのことだが、その機会は皆無だったといえる。中盤がぽっかりと空いてしまうほど、機能していなかった。その当事者である松井は試合後に「ボールまわし」に意識がいっているのはちょっと驚き。かつてA代表にはできていない、「スペースに出してそこへ走りこむ」サッカーは影をひそめてしまった。

 私は、中盤にOAを使うべきだと思う。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-05-27 12:36 | サッカー

<< 憲法論議で皇室は聖域? U-23 トルコ選抜に1-1 >>