憲法論議で皇室は聖域?   

「女帝」容認論相次ぐ 参院憲法調査会

 私は共産党員でも社会主義者でももちろんないが、憲法改正論議の中で不思議に感じる点がある。それは天皇制は聖域なのか、ということだ。

 私的には戦争放棄こそ聖域だと思う。国民世論が盛り上がれば、憲法改正して軍隊を組織していいのか。ダメな気がする。逆に、国民が必要ないと判断すれば、象徴はいらなくできるのではないか。ん~、できそうな気がする。昔、森首相が「日本は神の国だ」などと言ったが、日本は皇国だと思っている世代が退場すれば、考え方は大きく変わるだろう。そのときでも、やはり天皇制は聖域なのだろうか。

 記事には女帝容認と書いてあるが、あ~、やっぱり皇室は帝族なんですか。学校で天皇を「象徴」だと教えることにはずいぶんムリがありはしませんか?「象徴ってなんだよ!」(by 三村)

 皇室を今すぐ撤廃せよ、なんていう共産党みたいなことを言うつもりはない。憲法論議は政治主導ではなく国民の議論として確立する必要があることを訴えたい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-05-27 17:46 | ニュースコラム

<< 復活の兆し? トルコ選抜に感謝! >>