いよいよ豪州戦だ!勝たねばならんのだ!   

いよいよ豪州戦だ!勝たねばならんのだ!得失点差で滑り込むなんてことになった時のために、やはりここで1点でも多く取ることだ。

 豪州は強いのだろうか・・・。正直、未知の存在だ。強くないのでは?という要素をあげればいくつかあがってくる。FIFAランキングはF組で最も下。アジア予選でもプレーオフに位置づけられるなど国際的な認知も低い。豪州にはW杯経験者がいない。国内リーグのレベルも低い。

 逆に、強いのではないか?という要素もあがってくる。あの名将ヒディンクが監督であること。

 魔術師と呼ばれる采配は、韓国をベスト4に導いた。あのとき、なぜトルシエなんかじゃなくヒディンクを呼んでこなかったのか!と思ったものだ。そしてヨーロッパでプレーしている「海外組」が存在していること。これがもし、レベルの高くない国内リーグの選手だけなら、恐るるに足らず、となったのだろうが、そうはいかないのだ。加えて、オランダとガチンコ勝負のラフプレーで引き分けたこと。決して弱っちいチームではなさそうだ。

 日本は勝てるのか。勝てるんじゃないかと思う。ランキングの差は正直だと思うし、経験の差もあるのではないか。日本は速さで勝負。ドイツ戦で見せたワンタッチで速攻をかけるスタイルが、強くてデカいが速さに対応しきれなさそうな豪州に効くと思う。プレミアのプレイヤーと言ったって、プレミアは頭上をロングボールが飛び交うスタイルで細かいパス回しの経験はそんなに豊富ではないだろう。中田英もそんなスタイルは好まないと言っていたから、日本とはかなりスタイルが異なるだろう。翻弄されると見た。

 ただ、決して楽観はできない。それはやはり高さだろう。日本の得意なパターンであるFKからの得点も、高さがあるチームにはかなり厳しい。軽々クリアされてしまいそうだ。俊輔の直接ゴールを期待したい。それと、オランダと激しいぶつかりあいを演じた豪州に対しては、こちらが怪我の恐れを持たないか心配だ。高原にしてもヤナギにしても、サントスにしても、一歩間違えたら再発しかねない。魔術師ヒディンクは、故障上がりの日本選手を最初に叩いて、交代を余儀なくさせて戦意をそごうなどと考えていなければいいが。

 どうあっても勝点3が必要なのだ。正直、豪州に「日本には勝てる」などとふざけた口をきかれるいわれはない。強がりの仮面を剥ぎ「やっぱ強かったか。」と言わせなければならない。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-06-12 15:07 | サッカー

<< オーストラリアに負けた 白バイ警官の心理 >>