PCの買い換え   

 うちのPCが調子悪くなってしまって、買い換えることに決めました。今使っているPCはDELLのDimension8200で、Pentium4のたしか1.8Gだったかな。古いでしょ~?5年前に20数万で買ったんですよ。今では信じられない価格ですよね。これでも安かった方ですがね。

 その後DVDドライブの増設、HDの増設といろいろ付け足しているので、今ある機器を生かしてカスタマイズできるのがいいなと思い、まずはDELLに見に行きました。新聞に10万切ってる広告がでかでかと載ってたし。

 しかぁし、DELLには電話サポートとやらいうものが、選択を外せないようになっていて、1万近く取られる。正直、いらん。そんなもの。PC調子悪いからって電話したところで電話で解決することなんかない。たいがいのことは自分で対処できる。だから、DELLはソッコーやめた。
 
 結局の処CPUとマザーボードを取り替えて、ケースも安いから新調して、あとは今あるものをくっつける、という発想なら、自作しかないのかなと思い、自作&BTOで検索していると「ハーキュリーズ」というHPを見つけた。これならいける。必要なものしか選択しないというこっちのニーズに完璧に合っている。よしよし。

 で、いざ選択しようと思ったが、これは予備知識がないとダメね。激安でいこうと思ったのでマザーボードは選択の余地なしだったが、ケースから何からとにかく種類がたくさんあって、その一つ一つの項目の知識をネットで調べてはどれがいいのか考える。結構楽しい。

 HDはシリアルATAに主流が変わってきているということを初めて知ったが、うちで使っているのはUltraATA3台。ムムム。今あるのは使えるのかなぁ?HDを同時に買うとOSのインストールはやってくれるというので、1台買おうとしたけど、今あるHDを載せ替えるべきか。マザーボードのHPへ行って仕組みを調べることに。英語の解説書をダウンロードして確認したら、SATAのソケットが2つ、IDEが2つということで、いけることが判明。インストールめんどくさいから買うこと決定。

 ケースはどれがいいのか、これもネットで調べる。電源付きとそうでないものがあって、安さを追求して電源付き。あとは見た目を勘案していくつかの候補を選ぶ。ネットで調べたら2ちゃんに情報が載ってた。長所と短所が書いてあって、一部うさんくささもあったが、絞り込みに成功。

 あとはCPUファン、ケースファンの特徴や、このケースの場合につけられるのかどうかを調べ、構成が決まった。

 最後まで悩んだのはCPU。最近はやりのデュアルコアとかいうやつにするのかどうか。AMDのAthlon 64 x2だとSocket 939なので、将来の拡張性を考えて939にしておくか。値段が張るのでAthlon 64 にとりあえずしておいて、将来的にCPU換装するか。それとも、用途が特にデュアルでなくてもうちの場合はいいから、Pentium4のSocket 754でいいか。困った。悩んだ。性能比較のHPを探していろいろ読んだ。うーむ。まあ、うちの用途からすればとりあえずはデュアルでなくてもいいのかなと。将来的にはHDVの編集まで手を出したいけど、それでも複数のアプリを同時に走らせるわけではないだろうし・・。Pentiumは発熱がすごいというから、4000円くらいのCPUクーラー買ってつければいいかな。Athlon 64 x2高いしな・・。ということで、Pentium4でいくことに。
 
 結局総額7万円台。安いよねぇ。もう既製品は買えないね。これだけ技術の発達が早くて次々とモデルチェンジしてくるPCの世界で、もはや10万オーバーで買う気がしない。数年後には陳腐になるからね。
 
 私が買ったのは組み立てKITではなくて組み上げなので、その点も楽だ。商品が届くまで少しかかるが、ニューマシンが楽しみだ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-06-19 20:45 | 雑記(日記?)

<< ブラジル戦が近づいてきました。... 決定力が不足しているのではない... >>