次の日本代表DFを探せ!   

 W杯ドイツ大会で、日本の弱さが露呈してしまいましたが、その一つにDFの高さ、強さがあります。次の代表DFはやはり「デカイ・ゴツイ・スルドイ」がキーワードになると思われますが、このうち「デカイ」についてだけ見てみましょう(・・・えらい勝手な企画・・)。

 2006.6.27現在のJ1でDF登録選手の体格を調べました。基準は180㎝オーバー。そして、4年後に20代が基準です。

 すると、こちらの表のとおり全部で46人いるんですね(駒野は身長要件で残念ながら代表候補落ちしています)。

 もっとも背が高いのは清水エスパルスの高木和道選手で188㎝。ボンバー中澤が187なので、これを上回ります。ハードモヒカンでがちがちに固めるなど、髪型次第でもう少し上背を稼げるかも。体重が75キロということで、中澤の78キロより若干軽い。まあ、ほぼ中澤という感じか。4年後の年齢は29歳と、体力的にピークを超してなければ良いが・・。

 続いて背が高いのは187㎝で3人いますね。4年後の年齢で最も若いのはレッズの近藤徹志選手で23でW杯を迎えます。その4年後も狙えますね!

 体格的にはアントラーズの岩政大樹選手。85キロということでがっしりしてそう(実物見てません。失礼。)迎える年齢は28歳。

 同様の数字をもつ大分の柴小屋雄一選手。187㎝82キロで27歳。こちらもなかなかいいですねぇ。

 続く185㎝の5人の中に経験豊富な闘莉王選手が出てくるのですが、4年後は29歳ですかぁ。日本人にはない強さを29歳で発揮してくれたらこれは大きな武器になりますよね。ほかに20代前半の選手が3人もいますね。期待が持てます。

 そして最後に184㎝のグループ。なぜ最後かというと、中澤比-3㎝ということで、感覚的にここらが限界かなと。中澤も世界的に見れば決して背の高い方ではなかったですからね。ここにはガンバの伊藤博幹選手。22歳でW杯を迎えるというフレッシュな選手。同じガンバの池田達哉選手はちょっと細身なのかな?数字だけ見て言ってるんですけどね。

 4年後を20代前半で迎える選手は、これから世界で戦う機会が待っている年代ですよね。オリンピックもあるし。どんどん経験を積んでたくましくなってほしいですね。

 日本人はやはり大きな体格の選手ってあまりいないんですねぇ。188㎝が最高で一人だけですからねぇ。背が高いからってそれだけでバスケやバレーに引っ張るのやめよう!どんどんサッカーやらせよう!

 各クラブの指導者のみなさん、180オーバーのディフェンダーをしっかりと育ててくださいね。今の日本に必要なんですから。

 あー、なんだかJが無性に見たくなってきた。この日本代表候補(勝手に決めてる)の実際のプレーを注目していきたいなぁ。

 各クラブのサポの皆さん、どんな選手か知ってたら是非教えてください!
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-06-27 17:37 | サッカー

<< オシム監督就任が待たれる 予想以上に弱かった日本代表 >>