オシム監督就任が待たれる   

 ジェフサポにとっては複雑、というかクラブに残って欲しいと切実だとは思うが、日本代表にとってはとても必要な大人材だ。

 これまでの監督との違いは、やはり経験と実績。欧州での経験プラス、日本のJでの実績もあるというのはなかなかすごいものがある。その意味ではベンゲルに匹敵するのではないか。トルシエにしろジーコにしろ(加茂&岡田もね)、欧州と日本の両方で実績がある人物ではなかった。

 日本での実績こそ無いが、ここでヒディンクを豪州から引っこ抜くという手もアリかと思うが、それにしてもオシム氏への期待の方が高い。

 ジーコはチームに競争をもたらさなかった。あまりの競争のなさに、活躍しても控え決定だった国内組が酒飲んで騒ぐ、という事態にまで発展した。通訳ができるといってサントスを固定しているくらいなら、トゥーリオを呼んでおいても良かったはずで(サントスは一応DF登録だしね)、遠藤使わないなら長谷部を呼んで、結果的にコンディションが戻らなかった俊輔の代わりとしても良かったのでは。

 まあ、何を言っても結果論だが、一つ言えるのは若い世代を試す機会をもう少し与えて欲しかったということだ。

●オシム監督になることで期待できること。

1 現代表はすべてお払い箱にして、「賢く走れる」という筋の通った基準で選び直すことができる。
2 筋の通った基準で代表選考が行われるから、代表に選ばれるためにクラブでやるべき事が明確になり、代表を目指す選手たちが活性化する。もちろん海外へ移籍してもレギュラーじゃないヤツはあぼん。
3 ボールの扱いのテクニックは向上してきた日本だが、走れるようになることで、スペースを使う感覚が鍛えられ、日本スタイルが作られる

 もちろん、いいことばかりではないだろうけど、ドイツW杯で大敗北を喫した直後だから、いい夢見させてよってことで。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-06-30 11:49 | サッカー

<< ミッション・インポッシブル3 ... 次の日本代表DFを探せ! >>