辻本清美  懲りずに出馬   

<辻元清美氏>参院選に大阪選挙区から出馬へ

 西川きよし師匠が引退を表明した大阪選挙区で、“西川票”を狙って辻本氏が立候補するらしい。

 なにぶん西川氏はトップ当選を重ねてきた人だから、膨大な票が注に浮くわけである。

そのおこぼれを狙う作戦で、社民党を離党して無所属で出るらしい。

 最近「無所属」といえば、無党派層としては聞えがいい、という傾向にあるが、ん~、ちょっとムシが良すぎるかなぁ。しかも今執行猶予期間中だそうだ。

 秘書給与流用事件は、確かに辻本氏一人が悪玉だったわけではないし、社民党は土井前党首もしくは五島秘書の指導でやらせてたらしいし、ほかにも大勢やってた人がいた。

 ただ、辞める際の往生際が悪すぎた。自分が辞めるのに他人を巻き込もうと「自民でもやっている」などと発言したことははっきりと記憶に残っている。

 今回なぜ無所属で立候補するのか。無所属でいったいどんな国会活動ができるのか。法案の提出はおろか、質問もなかなかできる機会など訪れないだろう。何が目的で、社民を離れてまで議員になろうとするのか。理解できない。私は悪くなかったのだ、とお涙でも頂戴するのか・・。与党の陰謀説をでっちあげて被害者を装うのか・・。当選したら「みそぎ」が済んで社民復帰か。

 大阪のみなさ~ん!皆さんの投票行動見守っていますよ!

 ちなみに、同じ秘書給与事件で実刑判決を受けた山本譲司さんは、獄中体験をもとに、受刑者支援というか、環境改善の運動をされているとのこと。以前新聞の記事で読んだが、反省の気持ちをずっと持ちつづけて、今の活動を続けると話されていた。最近では講演をされたとか。こういう行動は、ほんとにたいしたもんだと思う。

秘書給与詐取事件で実刑判決を受け…

それに引き換え・・(以下自粛)
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-06-08 12:10 | ニュースコラム

<< インド戦のキーマンは、やっぱり... もう・い~くつねるとぉ・インド... >>