靖国参拝は政教分離原則に反する   

 小泉首相が自身の公約を守るためだけに8月15日に靖国神社へ参拝した。

 靖国問題ではA級戦犯合祀・アジア諸国の反発の問題がまず真っ先に噴出するが、以前にも書いたとおり、その前に、日本国憲法との問題として、政教分離原則の問題が問われるべきだが、その論調は驚くほど少ない。

 政教分離原則の問題が論調として出現しないのは、マスコミやコメンテーター、そして一部の識者の間に「靖国には戦没者の魂が宿る」という一宗教法人の教義を是認している向きがあることを指摘しておかねばなるまい。

 戦争で亡くなった人を「祀る」というのは神様にしちゃう、ということなのかどうか詳しい教義は知らないが、「靖国には戦没者の魂が宿る」ということは、戦地で命を落とした人は、肉体をその場に残し、魂が分離してふわふわと空中を漂って靖国神社へ戻ってくる、ということで、首相という国家の機関にある人物がその教義を是認して、「戦没者に哀悼の誠をささげるため」に靖国に足を運んでいるということになる。

 一宗教法人の協議を国家の機関が是認しているということがなぜ問題にならないのか。

 極端な例で考えてみよう。

 某宗教団体「○理」が戦没者の慰霊として8/15に水着の女性信者を集めた大会をやる、と言いだし、それが教義上慰霊になるとしたとき、首相が戦没者の慰霊は私個人の心の問題だとして、慰霊のために「○理」の施設に出向いたら、皆さんはどう感じるだろうか。

 まず、そんな教義はおかしい、水着の女性信者を集めてなぜ戦没者の慰霊になるのか、と思うだろう。そしてその教義を心の問題として是認した首相を「馬鹿か、こいつは」と非難囂々だろう。

 ということは、靖国参拝の問題でA級戦犯合祀と外交問題のみが噴出するのは、靖国に戦没者の魂が宿る、という教義を是認した上で、分祀すべきとか周辺諸国へ配慮すべき、という問題を論じているにすぎない。一国の機関である首相が、特定の宗教の教義を是認して機関の立場で公式に参拝することへの政教分離の問題が、まずは国内の憲法問題として問われ、その次に外交問題として問われ、「A級戦犯を分祀すればよい」という議論は宗教の教義の問題だから議論の対象外となることくらい分かりそうなものだ。

 戦中に教育を受けた人は、神道が国教であった時代の人だから、一宗教の教義に「格下げ」されるのを嫌うだろう。そして、靖国が国立神社であって、プロパガンダの手段であったことを、信念的に受け入れないだろう。戦中の日本はそういう教育をしてきたから。

 一方で戦後の日本は一転して信教の自由、というよりは、無宗教の美徳とも思えるほどの状態になった。そんな新旧世代が入り交じって議論しているのだからタチが悪い。

 私から言わせれば「水着の女性信者を集めれば慰霊になる」という教義と、「人は死んだら魂が分離してふわふわと靖国に集まる」という教義とは、レベルとして同じじゃないか、と思う。どちらも非現実的なのだ。死んだ人を祀る、という考え方もよく分からないし。
 
 だから、靖国問題で議論する人間は、国家機関の立場で宗教団体に公式に出入りする、ということを、違憲なのか合憲なのか最初に明言して議論をすすめるべきだ。
 
 麻生外相が、靖国を宗教法人ではなく特殊法人化し、国の管理の下で戦没者慰霊のための施設にする、という案を提唱しているが、これまたお粗末だ。戦中に国立神社だった靖国を準国立宗教団体に戻し、政教分離を実現するという案だそうだが、これは、神道が日本の国教であるという麻生氏の考えが現れたものだ。戦中教育もしくは、戦中教育を受けた人に教えられた教育のたまものか。政治家はよく日本人の思想の根底には神道がある、というようなことを言うが、それ自体が理解不能だ。天皇家を意識しているなら、過去に天皇家が仏教を国教とし統治の礎とした事実をどう説明するのか。

 議論が発散してしまうのでもう一度結論を繰り返しておこう。靖国問題で議論する人間は、国家機関の立場で宗教団体に公式に出入りする、ということを、違憲なのか合憲なのか最初に明言して議論をすすめるべきだ。まずは憲法の問題として、つまり、国内の問題として結論を出す必要がある。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-08-16 12:22 | ニュースコラム

<< オシム・イズム浸透せず イエメン戦 機動戦士ガンダム 小ネタ1 >>