オシム・イズム浸透せず イエメン戦   

 試合内容が悪かった場合に、かつてはすぐに監督バッシングがおきた。控えのこの選手を使うべきだったとか、交代が遅いとか。でも、オシム監督になってからは、「この選手は使えない」という目で皆が見るようになるだろう。これは選手には過酷だろうが、なかなかいい見方に思える。

 さて、その意味では、今回の選手はどうだったか。

 まず目についたのはサントスのプレー。どうも彼には調子の波があるのか、イエメン戦はさっぱりだった。TV解説でもさんざん言われていたが、あの位置からクロスをあげてどうすんの?ということだ。相手DFはわんさか待ちかまえていて、後方からクロスをあげてもしょうがない。ひょっとして、上背で勝ってるからという油断というか甘さがあったのではないか。それから、羽生を無視すんな。せっかく交代で入ってきた体力のある選手が前で動き回っているのに、その動きをムダにしてトゥーリオにばかりセンタリングしていた。点をとってもらたいという私情からか?

 次は田中達。走り回るプレーはあまり見られなかった気がするが、前の試合と同様、ゴールに背を向けてボールを受けるシーンが多く、さらに、ボールを受けたときに足もとで一度ボールを落ち着かせるような動きをするのが気になる。イエメンにはそれを狙われていた。トラップして落として、さらに足もとでもう一度バウンドを消すかのごとくタッチするその瞬間に相手に寄せられて奪われていた。

 それから巻。ポストプレーに徹したのかもしれないが、とにかく動きが見られない。ゴール前で待っているだけではスペースを空けられないし、FWとしてどうなんだろ?とちょっと動きに疑問。

 全体的に動きが無く、平凡な試合、というか、引いた相手にどう戦うのかというイメージがまだもてていないのだろう。細かい局面でオシム・イズムが見られたともとうてい思えず、どこに出そうかとウロウロしているかつての代表に逆戻りした感じ。

 結局は選手のイマジネーションの問題で、引ききった相手に対する処方箋がまだチームとして書き上げられていないのだろう。オシム・イズムが徹底すれば、そういう相手ですら軽く勝てるチームになると期待していいのか、それとも完全に引いたチームにはこういう試合にどうしてもなってしまうものなのか。

選手入れ替え予想
OUT 遠藤 サントス 
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-08-17 11:00 | サッカー

<< アトピーが治った 靖国参拝は政教分離原則に反する >>