残念! ホンダエンジン斬りぃ! 琢磨リタイア   



真価問われるホンダ 3戦連続リタイアの佐藤


 琢磨残念!

 カナダGPでまたもやエンジンブローですか・・・。

 予選で琢磨がスピンしたときに、パーツが飛んでいきましたよね?あれの影響でスペアカーにかえたのでしょうかね?

 それで、スペアカーというのは、ホンダの勝負エンジンを積んでいたのでしょうか?バトンに比してずいぶん早さが違ったような気がしました。後方でクルサードと熾烈な争いをしていましたが、そもそも、マクラーレンあたりのクルマとは比にならないほど速いクルマだったのではないかと思い、ちょっと不思議でした。

 ん~、バトンがあまりマシンに負荷をかけない走りで、琢磨は攻撃的すぎるのでしょうか?記事には「一般的にはクルマにやさしい運転」だと書いてありますが、バトンが2番手スタートにもかかわらず、ピットストップでズルズル後退し、結局4番手にまで落ちる、つまりは競馬の「馬なり」ならぬ、クルマなりで走るから完走できるのでしょうか・・。

 右京さん!教えて!この辺のところ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-06-14 18:22 | F1

<< 国会が終わります ちょっと留守にします >>