徹底比較その2 ソフトバンク 予想外割 本体0円のからくり   

その1からのつづき。

 昨日、孫社長が本体価格0円と発表した。しかし、実際は0円ではない。

 そのからくりは、本体を月賦で買わせる、という制度にある。

 この制度は26ヶ月間の継続利用が前提だ。最初の2ヶ月は無料になるから、3ヶ月めからの24ヶ月で本体を月賦で買うのだ。

 これまでの半年、一年、一年半、二年という継続利用の枠は同様で、機種変の際にどれだけ継続してきたかで月々に払う金額が決まる。

 もちろん、本体の各機種によって本体価格は異なっているから、まずは気に入ったケータイを選び、自分がこれまで継続してきた月数を確認する。

 新規0円の機種もあるが、新規でも400円という機種もあるから注意。つまり、孫社長が発表した本体0円の6番目のサプライズは、表現として正確ではない。

 私の場合、1年経過で、気に入った機種が月700円だった。

 つまり、無料月が終わったあとの24ヶ月間、700円を払い続ける。16800円だ。もし一年後に機種変しようとすると、24ヶ月の契約を途中で放棄するわけだからペナルティが発生する。それはいくらかというと、27600円。そして一年間払い続けた8400とあわせて、一年間に本体にかかった金額は36000円だ。

 なぜ27600円という数字が出てきたかがミソである。それは、月賦の支払いの金額は実は2300円だが、ソフトバンクが1600円をユーザーに還元するという制度になっていて、差し引き700円を払っていたのだ。解約すると、もともとの2300円×残りの月数が違約金として発生するため、一年で解約すると2300円×12ヶ月で27600円かかるというわけ。

↓クリックするときれいに表示されるはずです(汗)
a0009333_9474079.gif


 この表は公開されていないみたいでショップの兄ちゃんが持っていた。問い詰めたら出してきた。

↓クリックするときれいに表示されるはずです(汗)
a0009333_13181111.gif


 だから、気に入った本体のもともとかかる月賦の金額をちゃんと聞いておいて、ソフトバンクが毎月いくらを還元してくれるから、月々700円となるのかをちゃんと聞いておくことが重要だ。

 それから、本体10500円割引というのは、あっというまに無くなったサービスだから注意。本体0円を発表した時点で、本体価格を10500円割り引きます、というのは消滅したとのこと。パンフに載っているので注意が必要だ。

 ケータイのバッテリーは一年もすると2日ももたなくなる場合がある。なのに26ヶ月も拘束するのか、と詰めたら、月々500円弱のスーパー安心パックに入っていれば、一年後に新しいバッテリーをプレゼントし、加えて、機械が壊れたとき、代替機を貸してもらいながら修理することができて、修理代金はタダになるとのこと。バッテリーを6000円で買うようなものか。

●徹底比較結果

 家族で無料通話を分け合うか繰り越すかの選択ができるauの勝ち。機種変の時の本体価格がauの場合馬鹿高になるリスクはあるが、9450円の解約金を払って、番号もメールも変わっちゃうけど本体を変える、という選択をしたほうが安いことが判明。

 分け合うか繰り越すかどっちかだけでいい場合はソフトバンクのオレンジまたはブループランに入ればよい。ただし、本体のからくりをちゃんと計算するか、もしくは26ヶ月きっちり使い続ける予定の人はソフトバンクでよいだろう。

 また、ゴールドプランは、通話相手のほとんどがソフトバンクユーザーの場合(家族とか彼氏・彼女とか)は通話料やメールが無料になるので、ほぼ2800いくらの値段で収まると考えていいだろう。私の場合、サークルのみんなの多くが他社なので、そういう人は通話料で損をすると考えてよい。

 とにかく、現在の自分の通話料が1分いくらか、毎月の通話料はいくらでだいたい何分の計算になるか、通話相手がソフトバンクか(相手をとも連れしてソフトバンクへ入ってもよいだろう・・・孫の戦略がそこにある)、1Pktいくらか、月でどのくらいパケットを使っているか、という基礎データを確認し、ソフトバンクの機種が新規で0円となっていても、月々の月賦の値段を聞いておくこと。解約ではなく機種変でペナルティが発生するからね。

 これがソフトバンクのショップで店員(バイト?)を問い詰めて検討した結果です。

ちなみにこの本体価格の新制度は、ショップの兄ちゃんによると「他社さんも追随の動きが・・」などということらしい。この発言が本当なのか(末端の兄ちゃんにまでそんな情報がいってるのか疑問・・・)、はたまた私が「auに鞍替えしようと思ってるんだけど」と第一声で放ったから、引き留めのためにでた言葉なのか・・・。

 いずれにせよ、ゴールド、オレンジ、ブルーの新プラン&予想外割で顧客囲い込み&他社ユーザーの取り込みを図ったのだが、8年2ヶ月使った私がauへ電撃移籍する決断に至ったのは事実である。

 皆様も情報戦に勝利して、自分にぴったりの会社&プランを見つけられますよう。


記述内容はショップの店員の説明を私が理解したものであり、店員の説明間違い、私の理解誤りによる誤記は訂正しますので、そのようなことがありましたらコメント下さい。


●追記 
 mktさんのご指摘により、12/2から分け合えるプランが始まるとことを知りました。コメントありがとうございました。
 しかし、無事(?)auに乗り換えてからその情報をキャッチしました(笑)。
 店員はキッパリと「分け合うか繰り越すかのどちらかだけ!auさんもそのはずだ!」と言ってました・・・。ウソツキ
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-10-27 10:08 | 雑記(日記?)

<< 地方自治ってなんだろう? 番号ポータビリティ ソフトバン... >>