ヒネリが身につくまでは・・。   


今日は久々にビリネタを。

 先日久々にビリヤードに行ったら、大変なことになっていた。

 それは、ヒネリが乗らない、というか、以前と同じようにヒネリの撞点で撞くにもかかわらず、手玉の運動量が全然なし。

 手玉が動かないから、当然ポジショニングがさっぱりで、どうしようもない状態になっていた。

 やば~!コレじゃC級じゃん。

 ってことでA級の店員さんに聞いてみた。そしたら「はじくストロークになっている」ことと、撞点を「軸ずらし」ではなくて「平行移動」でつくことをアドバイスしてもらった。

 はぁ~。かつてHPに書いてたことじゃん・・。体が忘れてしまうなんて・・。マメに練習しないとダメね。

 私の場合、ついはじくストロークになってしまう。それは、インパクトの瞬間あたりで腕が止まってしまう、バチンっていう感じに戻ってしまうクセがある・・・。腕のふり、手首の押し込みをスムーズにするために、フォームを変えて、そのふりばかりを練習していたのだが、身についていないのね(涙)。

今度キュースピード上げる練習をしよう・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-06-16 14:33 | ビリヤード

<< 「2ちゃん」が国会質問の元ネタ? ケータイにもウィルス! >>