我が家に待望の第一子が誕生!   

a0009333_21314534.jpg


 医者から帝王切開になることをあらかじめ伝えられていたので、私は手術室の前で待ってました。40分ほどして、ケースに入った赤ん坊が手術室から出てきました。「おめでとうございます。男の子ですよ。」と言って看護師がタオルをめくり、証拠を見せてくれました。ウニウニ動いていて、小さくて、かわいくて、でも、なんとなくまだ実感がわきませんでした。

 その後待つこと30分。ひたすら妻の無事を心で祈りながら待っていると、麻酔の副作用でふらふらになった妻が運ばれてきました。うわごとのように、気持ち悪い、ずっと吐いていた、最初はカエルみたいなうめき声で心配したと繰り返していました・・・。

 ん~、なんだかイメージしてたシーンと違う(笑)

 妻が心配でずっと病室にいましたが、キレイにふいてもらった我が子が新生児室にいるとのことで、妻に見せてやろうとビデオカメラ片手に対面しました。

 元気いっぱい泣いて、手足をバタバタさせ、かわいくて仕方ありません。その姿を撮って妻に見せてやり、安心させて、この日は帰宅しました。

 なんていうか、本当にオヤジになっちゃったんだな~。

 すんげ~うれし~!
[PR]

by cogno_eb2 | 2007-09-28 21:32 | 雑記(日記?)

<< SONY SR-8 いよいよベビー用品の準備 >>