またまた家電の購入 東芝REGZA 37Z3500   

 我が家のテレビがついに逝ってしまいました。94年製の36型ブラウン管。なんと、ブラウン管なのです。

 電源入れても写らないのでは、無用の長物以上の大粗大ゴミでして、今では邪魔で仕方ありません。

 まあ、あまりテレビは見ない方なんですが(そんな時間がないもので)、産まれたばかりの子どもと24h一緒の妻からは悲痛な叫びが・・・。確かに、テレビが無い状態でずーっと家に居るのはきついでしょうねぇ。そんなこんなで買い換えることにしました。

 実物見にお店に行ったんですけど、どういう基準で選べばよいかさっぱりわからない。情報家電になったら機能差の詳細を丹念に見比べなきゃならず、私の親の世代の人たちはさぞかし難しい時代になったとお思いでしょうね。私も選ぶのに苦労しました。

 結局、東芝REGZA 37Z3500にしました。なんといってもUSBのハードディスクをつないで簡単に録画できるのが魅力。LANHDDにすれば最大8台のHDDがつなげるということで、録画を低コストで実現できるのは最大の利点ですね。

 とはいえデメリットも少々。HDDで録画した映像はこのテレビでのみ視聴可能。DVDに保存して残す、という場合にはやっぱりレコーダーを買わなきゃいけない。まあ、5-6万出してレコーダーを買う、という選択肢をとらないからこのテレビにするわけで、仕方ないですな。「松本人志のすべらない話」はさすがに録画してDVD化したいですがね。

 山田電気店と淀橋写真機店を回り価格を調べたのですが、淀橋写真機店が198,000円+週末限定ポイント15%ということで、実質168,300円。価格comで見てた値段に迫る勢いだったので淀橋写真機店にしました。加湿器も欲しかったので、ポイントでもいいかと。

 今年の我が家が家電の年。デジカメ、ハイビジョンハンディカム、そして液晶テレビ。個人消費の押し上げに貢献してますなぁ。

 もう何も壊れないでおくれ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2007-11-26 21:28 | 雑記(日記?)

<< Fillico(フィリコ)って... すくすく成長 >>