サントスに涙!ジーコジャパン初タイトル!   

サントスに涙!

 これは最後のFKがポストにあたった悔し涙か?・・・と思ったら、おばあさんが亡くなられたとのことでした。最後のチャンスは決めたかったでしょうね。いつになく強烈なシュートに見えました。

 今日はなかなか見応えのある試合でした。やっぱ日本は3-5-2がやりやすいのでしょうね。サントスや加地のオーバーラップが効果的だったし、鈴木のポストプレーなど、トルシエ時代を思わせる、完成度の高いプレーでした。

 遠藤の先制点は鈴木の技あり。福西からのボールをワンタッチではたいて、遠藤もよく呼吸をあわせて走り込んだ。こんなスピーディな展開ができるんだなぁと感心した。後半ロスタイムのヤナギ-鈴木のスピードののったプレーは圧巻。おしくも鈴木がファウルで倒されたが、あのままスピードにのった最終形を見てみたかった。期待の持てる内容だったと思いました。

 ところで、後半のキックオフで中澤が上がっていたのは、あの、インドを7秒殺するといきまいたプレーでしょうか?なかなか考えてきましたねぇ。

 今日の相手のセルビアは日本を屈強にした感じ。足下のプレーはしっかりしてて、つないではたいて強烈なシュートを打ってくる。川口はすっかり絶好調のころのプレーを取り戻したように見えました。

 これで中田が入ってまたバランスが崩れそうで怖いですが、層が厚くなったというか、それぞれのプレーがちょっとレベルが上がったような気がしましたね。

 次はアジアカップ優勝だ!
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-07-13 22:14 | サッカー

<< ジェンキンス氏来日のプラン浮上 参院選が終わった。 >>