今度はプリンター キヤノン PIXUS iP4500   

 我が家のプリンターは、かれこれ7-8年前のキャノンBJ F870。もはや化石。

 数年前に写真印刷が綺麗でなくなり、白黒の文書も罫線や文字がガタガタ。ここ数年は普通紙に印刷する時のみに使ってました。たぶん、純正以外の詰め替えインクが原因で綺麗じゃなくなったか、あるいはヘッドの耐用年数がすぎたかどちらか。

 まあ、デジカメで撮った写真はオンライン写真店のDPONE.NETに出せば1枚当たり10円もしないし(大量注文を二回に分けて注文するのがお得。ポイントバックで2回目が安い。)、家庭でカラー印刷を頻繁にすることもないし、まあいいかと思ってました。

 ところが、子どもが生まれてから状況が微妙に変化。いろいろ理由がありますが、買うことにしました。

 今主流のプリンターはスキャナやコピーがついた複合機なんですね。ん~、スキャナはいらないなぁ。実はキャノンのCanoscan9900Fを持っていて、最初の頃はフィルムスキャンをやってましたが、あまり使わなくなりました。当時のハイエンド機で解像度も3200×6400dpi。フィルムスキャンはフィルム4本同時スキャニング可能とすごい機能でした。

でも、技術の進化と価格破壊はすさまじいもので、今の主流の複合機は4800dpiなんですね。すげ~。

 EPSONのPM-A840かキャノンのMP610にしようか。まてよ。プリンターの寿命って結構短いから、スキャナーをそんなに使わないうちに寿命が来てももったいない。フィルムスキャンをするならこれらのミドルクラスではなくハイエンド機になるんだが、そうすると3万くらいかかる。ん~、ここはスキャナーのない機種の選択もアリだな、と思い直し、印刷で9600dpiを実現していてインクのコストパフォーマンスにも軍配のあがるキヤノン PIXUS iP4500に決まりました。

kakaku.comで最安値12,240円をたたき出していたAmazon(←珍しい)なら送料も無料だし。

ということで、またまた買うことにしました。

それにしても安いですよね。BJ F870なんて3万くらいしたんじゃなかったかなぁ。まあ、かなりの年数使ったからいいか。
[PR]

by cogno_eb2 | 2007-12-19 21:15 | 雑記(日記?)

<< SONY SR8買ったはいいが... REGZA 37Z3500がつ... >>