U-23 OA曽ヶ端のミスで0-1   

 日本、チュニジアに1―0で惜敗…サッカー五輪代表戦

 負けちゃいました。

 OAの曽ヶ端がキャッチミス・・。これは連携が云々ではなくて彼のミスでしょう・・。一番責任感じているでしょうから、そっとしてあげましょう。

 今日の試合は、前半はまったく攻撃の形が作れない。坂田は前線でボールをもらってもバタバタしてる間にボールをとられ、高松は起点をつくれず、二人ともいいとこなし。

 でもこれはFWの単独の責任ではなく、中盤のタメができていなかったり、パスが通らなかったり、全体としてバランスがすごく悪かった。

 チュニジアはボールへの寄せがめっぽう早く、日本のプレイヤーは皆、判断する時間を与えてもらえずに絡め取られた感じ。出したパスも長めでカットされるかトラップしている間に寄せられてしまう。

 中盤に小野は絶対に必要だ。キープ力があるといわれている松井ですら、キープして起点になった姿が一度もなかったように思う。

 後半は田中達也と平山が攻撃陣に加わり、石川や山瀬も入ってきた。

 石川は突破ができず、ピンポイントクロスもなかった・・。

 平山はヘッドで落とすところはいくつかできていたものの、やはりキープ力がない。緩慢に見えるというか、プレーのキレがなくもたもたしている間にボールがとられる。前を向いてプレーできないので、高さと強さと前へという点で高原がいるので落選か。

アテネ代表予想

FW 高原 大久保 田中 高松
MF 小野  阿部 今野 駒野 鈴木 山瀬 森崎
DF トゥーリオ 茂庭 那須 徳永 菊地
GP 曽ヶ端 + ?

こんなもんでどうでしょ?
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-07-14 21:33 | サッカー

<< 高原 再発で五輪断念? 生き残るのは誰だ? U-23 ... >>