日本 4-1 タイ     

日本、先制点を許すもその後4点を決め、決勝T進出を決める



 いや~、終わってみれば4-1ですか。前半はホントに冷や汗もんだった。

 先制点を献上する、なんていうことを考えていない相手にくらうと、こんなにも焦るものかと。

 後半から本山と小笠原を投入したが、その選択は正しかったと思う。前半は玉田の持ち味が消え、ロングボールを放り込んで鈴木がポスト役という単調なパターン。ここで快速ドリブラーがいたらなぁ、と思っていた。同時に、中盤でつなげるプレイヤーがいないと、俊輔がねらわれているのでつぶしにあう。

 とはいっても後半は、結局セットプレーからの2得点ということで、完全に引いた相手を崩してとるというところまで行かなかったのが残念だ。

--------------

後半のホリイケサン

13:35  あとねぇ、ホリイケサン
24:10  ホリイケサン
28:44  ホリイケサン
32:19  ホリイケサン
33:36  ホリイケサン
38:37  ホリイケサン 
42     ホリイケサン
45:07  ホリイケサン

やはり松木安太郎とのダブル解説じゃないとでにくいね・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-07-25 09:20 | サッカー

<< 平山遅い。 高原がいれば・・ オイオイ!冷や汗だぜ 前半1-1 >>