日本サッカーはこれでいいのか? ~W杯予選を前に~   

いよいよW杯最終予選が始まる。

北京五輪では散々だった男子サッカーだが、フル代表にはなんとか頑張ってもらいたい。

頑張ってもらいたいところではあるが、非常に心配なことがある。それは、攻撃に人数をかけすぎで、無駄に体力を消耗していることだ。

五輪日本代表の対戦相手を見ても分かるように、「ギアチェンジしたな~」ということが明らかに分かり、点に結びついていることだ。

日本には、ギアチェンジがない。いつも人数をかけてゴールを狙いに行くが、シュートで終わらず、あわててディフェンスに戻る。これでは体力を無駄に消耗し、バテてしまって足が止まる。こんな相手には、中盤やや後ろでの人数を増やし、チェックを厳しくしておけばよい。敵さんから網にかかって勝手に体力を消耗してくれるのだから、後半のどこかでギアチェンジすれば得点の確率は上がるというもの。

日本は、人数をかけたオフェンスを90分やろうとしているように見える。90分なんて続かないのに。前の3~4人のみで攻撃を組み立てて敵陣に切り込む練習をしたらいかが?中東勢のように引いて引いてカウンター一発!という攻めを見せてもらいたいものだ。

守っている時にFWが前線で張り込みしているように、攻めているときはDFがお休みしてる。そのくらいの役割分担があってもいいんじゃない?前を追い越す動きと言っても、ボランチから後ろが追い越さなくてもいいわけで。

得点力不足と言ってはFWにダメだしをするスポーツ紙が多いが、問題はFWだけではなく、攻撃のコンセプトにあるような気がする。なんか、チャンスでもないのに、ボール持ったらキーパーを除く全員がわーっとなって前がかるけど、強豪と呼ばれるチームはそんな風には見えないんだけどねー。

黄金の中盤とかいってもてはやされているけど、ビルドアップの早さが無いのが日本の特徴。相手を崩していないから、後ろ向きなど無理な体勢でボールを受けては後ろへ預けたり、横にはたいたりして、のろのろやってる間に相手ディフェンスが準備万端。いくらサイドを駆け上がったって、ゴール前は人数揃っているからいかんともしがたい。

一方で日本の失点シーンはといえば、だいたいが日本のディフェンスが間に合わなかったというのが多く、その理由は中盤でのパスミスやら傾向を読まれたインターセプトやら・・。

ロングボールで前めの3人くらいに渡って、相手のDFが揃う前に速攻でゴール前に駆け上がる姿を見たいものだ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-08-29 23:41 | サッカー

<< 福田首相電撃辞任 衆院解散の可能性 その2 >>