福田首相電撃辞任   

驚いた。福田首相が辞意を公表した。

民主党切り崩しの工作が表面化したばかりのタイミングだからなおさらだ。

以前、解散のパターンとして、民主の四分五裂工作が確実になったとき、と予想したが、それがうまくいっているのかと思っていたが、まさかご自分が辞めるとは。

これで年明け早々の解散は無くなった。

民主党が無投票で代表再選となる一方、自民は人気の高い麻生太郎氏が総裁選を戦い、ニュースはこの話でもちきりになろう。たかが一党のトップを決めるだけのだが、事実上の総理選びだから、特集を組んだりディベートやったりと露出度がかなりあがり、世論は確実に自民に注目する。

10月終わりあたりに船出するなら、わずか数ヶ月で解散ということにはなるまい。小泉的支持率になれば別だが。

任期満了解散の前に解散があるとすれば、新首相が小泉ばりの驚異的な支持率を手にした時だろう。

果たしてこの辞任劇が国民の目にどのように映るのか。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-09-02 06:52 | ニュースコラム

<< フラット35はSBI 日本サッカーはこれでいいのか?... >>