家探しの旅3   

 マンションの選択肢は消え、一戸建てにすることにした。

 情報をとにかく得なければならないので、それには不動産屋に情報をもらえるよう手配した方がよいとのことで、知り合いのぞうさんのマークの課長さんに聞いてみた。不動産部門の担当者を紹介してくれた。

 戸建てにするには、分譲住宅の購入と、条件付き土地の購入+指定会社でのプラン設計、そして、条件無しの土地を買って上物はハウスメーカーなどを自分で探す、という3つの選択肢があるとのこと。

 まずは諸費用を含めた全体の費用を決めないとどうにも絞れないとのことで、価格設定をした。その数字で物件情報をもらうことにした。

 私の住まいは相模原市。「さがみっぱら」というだけあって広い平坦地なのだが、実は3段構成になっていて、地価がそれに比例しているそうだ。
JRが走っている付近が一番高い位置にあって、通称一段目。土地区画整理もしてあり、細かい路地なども少なく、駅にも近いとあって価格も一番高い。坪100万以上もザラにある。

 上溝のあたりでぐぐっと下に下がり、また平坦地になっているが、ここが通称二段目。相模線のあたり。相模線自体が単線で不便ということもあり、碁盤の目的な整備も少ないため、価格もだいぶ落ちてくる。

 そして相模川沿いの三段目。田名のあたりかな。ここで3000万もあれば広い土地が手に入るそうだ。

 なるほど~。さすが不動産部門のスペシャリスト。参考になります。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-12-04 22:20 | 家探しの旅

<< 家探しの旅4 家探しの旅2 >>