家探しの旅4   

 戸建て探しにシフトしたわけだが、場所をどこにするか、ということも最後の決断に。住まいは相模原だが、職場は横浜なのだ。

 通勤の負荷を軽減するためにも、横浜で探すことも検討し、まずは相場を見なければと、今度は『住宅情報タウンズ』に切り替えて、電車の中でせっせと下調べ。

 諸費用は除き、物件価格4000万を下回るのが理想なので、そのセンで調べた。横浜だと南区、保土ヶ谷区、旭区、泉区、戸塚区あたりがレンジに入ってくる。

 その中で、まずは南区の4物件へ行ってみることに。

 1軒目。駅徒歩10~15分という表示だが、とてもムリな距離に思え、かなり不安になってくる。そして地図に従って進む私たちの目の前に現れたのが、心臓破りの急坂。車のエンジンもかなりうなっている。そしてたどり着いたのが崖を拡張して、壁面をコンクリで固めたような造成地。これってもともと空中だった?これぞ地面を生み出した造成地。立派です。確かに眺望よし。でも洗濯物が飛んでったら即お陀仏のハイリスク住宅になりそう。「現地販売中」という旗の近くで営業マンがタバコ吸ってましたが、車から降りる気にもならず次の場所へ。

 次の場所もさきほどまで急ではない坂を上がり、くねくねと進む。回っている間にふと「坂だらけ」「道細い」「駅から遠い」というキーワードが浮かび、全部回る前に南区を諦めることに。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-12-04 22:21 | 家探しの旅

<< 家探しの旅5 家探しの旅3 >>