NHK大河ドラマ「天地人」はなかなか期待できる   

 ここ数年、大河ドラマをよく見るようになった。ちょっと前だけど竹中直人の「秀吉」、タッキーの「義経」、仲間由紀恵の「功名が辻」、内野聖陽の「風林火山」、宮﨑あおいの「篤姫」。

 こうして挙げるとよく見てるなぁ。でも、「利家とまつ」はあまり見なかったなぁ。

 今年の「天地人」は、第1回を見ただけの感想ですが、「篤姫」がいわば女性向けの番組だったのに対し、男性向けって感じでイイですねぇ。「篤姫」見てたときも、大奥の中のシーンよりも、「早く桜田門外やれ」とか、「薩英戦争はまだか」と、史実の描写に期待して見てた。やはり、その前年の「風林火山」の男臭さに感動(?)していた私としては、大奥の中で気をもんでいるシーンは早送りしたりもしました(汗)。

 さて、「天地人」ですが、上杉謙信を私が好きな俳優阿部寛が演じていて、初回からその迫力に「かっこえ~」と魅了されました。「風林火山」の時はガクトっすからねぇ。正直、あれは新解釈過ぎ。阿部-謙信のほうがぴたっときましたねぇ。

 脇役陣もイイ演技してましたよ。高島礼子は相変わらず綺麗だし、与六クンもいいし、その父役の高島政伸もあったかいパパを演じてましてですねぇ、主役の妻夫木-兼続はちょろっとしか出ていない初回にあって、すごく印象がよかったキャストでした。

 さて、戦国物にあってロケはそのドラマの力の入り具合を示すもの、と勝手に指標にしてますが、「功名が辻」がどちらかといえばホームドラマ系のスタジオ撮影っぽかったのに対し、「風林火山」は大規模なロケが見せ場で、今回はどうなるのでしょうか。第1回放送では、謙信が尾根づたいに関東へ出兵するシーンでは、CG合成の部分もあったでしょうけど、壮大な空撮でなかなか期待ができるなと思いましたね。

 「風林火山」では、川中島の合戦がかなり物足りなかった部分もあり、今回はどうかなぁ(だって山本勘助が討ち死にした合戦では、登場した兵たちの数が少なすぎたし、信玄の本陣がガラスキだったでしょ?)。かといって、今BSでやってる中国ドラマの「三国志」のように、エキストラの兵士達(中国人)が大勢出てくるけど表情作れずニヤニヤしている、みたいにみっともないことはできないだろうから、質と量を求めるのは大変だろうけど・・・。
 
 今年の大河で「直江兼続」というマイナーな人物(失礼)をなぜ取り上げたのだろう?という素朴な疑問の前に、私の故郷富山県も盛り上がってほしいなあ、と密かに期待してます。

 実は「義経」の時の勧進帳のシーン、富山にその銅像が建っているんですけど、あの時はあまり盛り上がってなかったなー。謙信の時代で富山と言えば魚津城の攻防戦が有名ですよね。「利家とまつ」でも、「篤姫」でも登場した山口裕一郎演じる佐々成政や主人公の唐沢-利家が上杉方と織田方の最前線をめぐる攻防として描かれていたんですが、あまり盛り上がってなかったんですよ。今回は兼続の故郷がコシヒカリで有名な魚沼ということもあってすぐに結びつく人も多いのでは。

 一方の富山・・・。ガンバレ~!便乗でもなんでも、盛り上げていってください!
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-01-06 20:23 | 雑記(日記?)

<< マイホームへの道7 メーカーの... マイホームへの道6 間取りの確定 >>