天地人 第二回 涙涙   

第二回見ました。私も一児の親となり、母子の絆や、心を鬼にして寒風吹きすさぶ表に与六を押し帰す心情に、感情移入の度合いがすごかったです。嫁さんはもっとでしょう。号泣してました。

田中美佐子の演技、さすがですねぇ・・・。幼い二人の後ろ姿に戸の隙間から手を合わせるシーン、深く印象に残りました。第二話にして名シーンの登場ですね。

ただ、すみません、雪国出身の私には、幼子の雪中行に少々疑問が。信越・北陸の冬は本当に厳しいです。与六の家も豪雪のため玄関口よりも通路が上になっていたでしょ?家がほとんど埋もれてしまうほどの積雪なんですよね。あそこまですごいとお寺から本当にたどり着けるのかいな、ということと、あの軽装では死んじゃうってことです。

ま、その辺はドラマということで、すみません、水差しちゃいました。

さて、来週の予告を見て少し不安になったのが、「殿の初恋」で、なんというか現代ドラマっぽい展開になっちゃうのでは、ということ。まだ「天地人」のカラーがつかみ切れてないのですが、どうしても個人的に「風林火山」と比較しがちなんですけど、そのような男臭さ満点のドラマとは違うっぽいので、どちらかというと「功名が辻」系なのかもしれませんね。第二回ですでに「このごろの親といえば<怒>」といった和尚の台詞にそれ臭さを感じましたが・・・。

次が、全編思いっきりサイドストーリーになっちゃわないように祈ります(笑)
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-01-14 00:32 | 雑記(日記?)

<< マイホームへの道8  禁煙条例に思う >>