比例代表では民主に入れる?   

 時事通信によれば、比例で民主に入れる人が自民の倍だそうだ。

 民主党は寄り合い所帯であることはみんなよく知っていると思う。小沢・鳩山は自民を飛び出してきたし、菅は社民連出身(その後新党さきがけ、旧民主党を経て現在に至る)だ。他にも社会党がつぶれて合流した者もいて、バック(支持母体)に官・民の労働組合がいる。
 
 一方で、松下政経塾系列の流れもあって、自民党=守旧というイメージに対抗して、松下政経イメージで民主党を眺めている人もいるだろう。
 
 民主党の候補者の立て方には特徴があって、松下政経塾系で若さと能力をアピールできる人物は基本的に小選挙区から出馬し、労働組合系の、いわばあまり全面に出したくないイメージの人物は比例代表に回される。もちろん、組織が弱い民主党にとって労組票は大票田だから、それを取りまとめられる人物は比例名簿の上位にくる、という案配だ。地元で選挙活動をしない若手にたびたびカミナリが落ちるらしいから、票田を持つロートルは小沢にとってさぞ重要だろう。能力より票だ。
 
 これは2004年ころに、冬至の比例名簿を分析した結果であるから、次の選挙ではどうくるかはわからないが、この傾向が確かなら、私は比例では民主党には入れないな。旧社会党系でモロ「赤」の労組のドンに投票する気にはなれないからね。いずれ選挙ということになって名簿が出たら、一度名簿をチェックしてみるといい。
 
 小選挙区の候補が出そろったら、個人的には法曹界の資格を持つ人物に期待をしたい。松下政経塾といっても社会経験の少ない若造に何ができるか怪しい。国会は立法府だから、弁護士の経験が豊かだったりすると期待しちゃうなぁ。うちの選挙区ではどんな人が出るのかな?
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-01-17 00:05 | ニュースコラム

<< マイホームへの道9 オプション... マイホームへの道8  >>