民主党が富山3区にアナウンサー擁立?   

 北日本放送の相本アナと言えば、富山人で知らない人はいない(たぶん)。

 きさくな人で、男性にしてはキーが高いがいやみのない声。私が富山にいたころにはTVキャスターだったけど、母に言わせれば「出が悪いのでラジオに回された」(ホントかどうかはかなり微妙)。

 高校の時にTVに出たとき、本人にお会いした。背が低いけどパワーのある人だったっす。先日帰省したときにたまたま聞いた富山弁講座、だったかな?そんな感じの番組はたいそう面白かった。富山では間違いなく人気者です。

 さて、相本さん本人は考え中とのことだが、まあ、ご本人の判断を尊重するとして、それよりも、民主党の「人気者好き」にはあきれる。まさか地元で相本さんに白羽の矢とは驚いた。ダメだったら志の輔氏デスカ?

 まあ、民主党に限らず、自民党もなりふり構わずで、かつてスケート選手やらプロレスラーやら、この人達に政治できるの?っていう顔ぶれだったことがある。社会党の「私はただの主婦です」と叫んだマドンナ旋風にも閉口したが。

 小選挙区制では有名人しか選挙に勝てない。二大政党制にしようとして始まったこの制度だが、フタを開ければ比例選出もあり、復活当選もありの、なんでもありのおかしな制度になってしまい、今では知名度で勝つしか方法がなくなった。

 先日麻生総理も言及したそうだが、選挙制度を変えたらいかがか。小選挙区でいくなら、比例も復活もやめて完全小選挙区。だから区割りはもっと小さくなる(定数が今のままならね)。そうすれば有名人投票の弊害も少しは緩和されないかな。地域代表を選ぶ本来の姿に少しは近づく気もする。

 でもまあ、中選挙区制のほうがいいんじゃないのかなぁ、と思ったりもする。自民も民主も、中身は派閥やら政策グループやらでバラバラで、いっそのこと全部ミニ政党に分裂して枠組みを組み替えたら?と思ってしまう。官僚が幅をきかせている現状では二大政党制は無理だろう。いまの日本では、官僚が作る制度に利益団体の代表が割り込んでうまみを引き出そうとする政治スタイルが主流だから、中選挙区制で民意を反映させたほうがいい。

 道州制をほんとうにやるのなら、そのときに、国会議員の定数減をやった上で、小選挙区制をひいて二大政党化を目指したらどうか。道州制では国は外交・通貨・安全保障などに機能が限定されるから、民意の反映先は道州政府になるので、道州政府議員の選出を今よりも細かい選挙区で選出すれば民意の反映に利するとも考えられる。

 まあ、どっちにしても、しばらくは変わらないだろうから、ますます知名度選挙が加速するんだろうなぁ。民主党が次にどんな使い捨てのタマを用意しているのか興味津々。

 相本さん、使い捨てられるようなら、地元の著名人として生きた方が懸命ですよ・・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-01-21 23:39 | ニュースコラム

<< マイホームへの道 11 建前 マイホームへの道10 いよいよ着工 >>