U-23日韓戦   

 U-23日韓戦一言でいって、いい試合だった。胸のすくというか、サッカーの醍醐味が感じられるいい内容だった。特に後半は15分単位くらいで主導権が入れ替わり、その意味でサッカーというスポーツの特徴が出た試合だったと思う。

 最近はA代表の試合よりもU-23の試合のほうが面白い。その差はやはり戦術が徹底されているからだと思う。ジーコ監督になってからA代表はシステマティックな約束事はない。というか個々に任されている感がある。トゥルシエの時とは正反対のチーム作りに見える。

 一方U-23山本ジャパンは戦術理解度が高く浸透しているように見える。A代表が中盤でボールを持ったときにパスする先を探して探して結局なくてバックパスみたいな動きは、今回の日韓戦ではかなり少なく、ボールをもった時の他の選手の動き出しが早く、特にスペースをつく動きとそれにあわせたスペースへの出しが見事にはまっていたように見えた。

 A代表の試合の際に書いたことだが、A代表はパスの先は足元へ足元へとなり、敵DFは待っていてもカットできる。それに比べてU-23日韓戦ではスペースへの出し&オーバーラップで面白いようにボールがつながった。そしていわゆるクサビではなく、田中がドリブルで切り裂いたり、松井が狭いスペースを潜り抜けたり、スペースでボールを持つから前を向いてかさにかかって攻めに転じることができる。後半の試合は本当にワクワクした。

 U-23は厳しい競争原理が存在していることからパフォーマンスが落ちないと指摘されているところだが、一方のA代表は海外組=レギュラーという構図が出来上がっているため、たとえヤナギのように海外でベンチウォーマーであっても出場が確約されている。また、練習での戦術の意識の共有化の時間が少ないため、チームとして機能しない。今後海外組の扱い方は「よ~くかんがえよ~」だ。

 さて、U-23の選手で光ったのはやはり田中達也だ。もちろん続いて平山。田中のドリブルの真っ最中からのワクへのシュートは、ここ最近の代表の試合ではお目にかかれないシーンだ。彼が持てば期待できる。平山はちょっと周りが騒ぎすぎだなぁとも思うが、森崎の得点シーンのきっかけになった反転は、あの状態でイメージを持っていることに感心である。トラップミスをして若干ボールが体から離れ、本当は反転した足元にあってそのままシュートだったのだろうが、あのシーンは、結果的にDFを体で抑えそのおかげで森崎がフリーでシュート体制をとれたことで、ツキも持ち合わせている。おお化けするかどうかは未知数だが、早い段階で海外でプレーしてみるのも良いのかもしれない。

さぁ、これからUAEラウンドが始まる!U-23の試合で盛り上がろう!
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-03-17 06:41 | サッカー

<< サッカーの中継