UAEラウンド1位!!   

 強豪UAEを2-0で下してトップでターンした!すばらしい!体調不良の選手が多い中、山本監督も涙ぐむほどの選手たちの激闘が、勝利を呼び込んだ!感動した!

 日本代表がいい試合をした次の日はついついスポーツ紙を買ってしまう私だが、コンビニにならぶスポーツ紙を見て驚いた。あの長嶋サンが一面トップかよ!で、唯一サッカーを扱っていたスポニチを買った。でも平山が一面トップかよ!あの試合はどう見ても田中だろ!1ゴール1アシストだぜ?前半で退いた平山、しかも決定的な仕事ができなかった平山。マスコミが煽りすぎ。マスコミは偏りすぎ。

 一枚めくった2-3面はプロ野球オープン戦。いわば練習試合の速報。もう一枚めくった4-5面はメジャーリーグの情報。こちらも練習の段階。そしてもう一枚めくってようやく現れました。な、長かった。で6面にはこれまた前半で退いた山瀬、7面にはトゥーリオの大きな見出しが躍る。あれ?田中達也は?あの超人的な運動量で1ゴール1アシストの功労者の記事無いの・・?

 まあ、マスコミなんてそんなもの。

 さて試合はといえば、とにかくUAEの選手は早い。走力もそうだが、一瞬の反転も早いし、スペースをうまく使って日本MF陣をかわして攻め込んでくる。前半の中ごろまでは決定力が弱い一面が目立ったので、そう心配はしてなかった。しかぁ~し!開始から20分くらいまでは日本が結構いい展開ができたものの、それ以降はおされ気味から押されまくりで「このまま耐え切って後半たて直せぇ~」と祈る境地。特にUAEの5番ムバラクが要所要所に飛び出してきて「なんだぁコイツ?すげぇ!」って。

 前半38分のFKを直接ねらってバーを直撃。GK林が反応していたものの、その反応を上回る強烈なシュート。スローで見るとコースは切っているが林の手が明らかに遅れている。さらに43分にクロスに合わせてフリーで飛び込んだのもこの5番。このときは日本12番がムバラクを背後にボールを見ていたので、あっという間に走りこまれてしまった。

 後半からなんとこのムバラクを交代させてしまった敵将に感謝しつつも、厳しい戦いが続く。後半から登場した高松が機能し、田中とのコンビネーションでだいぶ得点の臭いがしてきたが、それでもUAEの堅い守りに「引き分けてよしとするか・・」という気持ちが漂ってきた。

 後半40分のスローインからのワンツーで抜け出して田中達也が一直線にゴールに向かった瞬間、キーパーとDF二人が詰めていたので、おそらくコースは無かったと思うが、田中達也が鋭いシュートを放ったことが高松の寄せでゴールが生まれた。まずはあの状況で思い切ってシュートが打てるFWが日本にいることを再認識しうれしく思った。

 もちろん、「絶対くると思った」と詰めた高松もすばらしい。たしかバーレーン戦だったと思うが、よく似た状況で、田中のシュートをKPがはじいた玉に平山がまったく反応していなかったことがあったので、やはり高松の殊勲だ。

 さらにその直後の田中の思い切ったミドルシュートがKPをはじいて(KPがその前にこけたようにも見えたが・・)入るという劇的な追加点を生んだのも、田中がスーパーサブ的なドリブラーから点取り屋FWに成長したことを物語る。浦和でエメルソンと絶妙のコンビを熟成していることが結果として出た。エメルソンが帰化申請の準備をしているらしいが、エメ-タツヤのツートップを期待したい。

 さぁ、日本ラウンドだ。体調を戻して、苦しんだアウェー判定の呪縛からとかれて、圧倒的な試合を見せてもらいたい。期待はふくらむばかりだ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-03-17 06:46 | サッカー

<< まさか、負けるとは・・ UAEラウンド開幕 >>