まさか、負けるとは・・   

 まさか負けるとは思わなかった・・。

 この試合をとおして感じたことは、とにかくバーレーンといチームは日本を徹底的に研究してきているのか、日本の持ち味のプレーが完全に封じ込められているということだ。ひょっとしてもっとも相性の悪いチームなのではないか。UAEラウンドでも引き分けだったわけだが、その試合も日本ラウンドのこの試合も、スペースの消し方がうまく、徹底していた。

 解説の松木安太郎氏も途中から「足元へパスを!」と叫んでいたが、日本は途中からゴール前へボールを放り込む、いままでに見たことの無いサッカーになってしまっていた。

 これまでU-23の試合を見てきて「スペースへ出してそこへ走りこむ」スタイルを評価していた。A代表が足元へこだわりことごとくチェックされていたのに比べ、スペースへ出すことでトップスピードに乗った選手を有効に使うスタイルは見ていて面白く、またそれが効果的であった。

 しかし、ことバーレーン戦ではスペースを徹底的に消されていた。日本が攻めあがっても相手守備陣が少なくても5人、多いときでは7人もがゴールを固め、ゴール前はもちろん、左右のサイドでも必ず数的有利を作り出していた。こうなったときはどうしても遠くから放り込む形になってしまうのだろうが、スペースを作り出す動きができなかったことが敗因だろう。U-23の特長ともいえるスペースへのボール出しは決して間違ってはいない。無いものねだりで「足元へ通すべき」と短絡的に考えてはいけない。あれだけゴール前が密集していては、たとえ足元へ出しても長い足でからめとられていたことだろう。

 スペースへのボール出し、それができなかったのは、ベストメンバーを組めなかったことが大きいだろう。FWの田中と高松には問題はなかったように見えた。無いものねだりで「平山がいれば」というマスコミの論調が予想されるが、あれだけ密集したゴール前で平山を立たせていても、基点となれたかどうかは微妙だ。UAEラウンドでのバーレーン戦をみればそれがわかるだろう。

 問題は中盤だ。森崎がイエローの累積で出場停止だったことはかなり大きかった。また松井も体調不良で先発できず、松井の特徴である、中盤でタメを作り、トリッキーな動きでDFをひきつけてかわすようなプレーが見られなかったことは残念だった。今回トップ下に入ったジュビロの前田も有効なフォローが随所にあり、いい動きをしていたがいかんせん、敵の守備陣が徹底していた。敵FWも高かったし・・。

 後半はFW田中達也が下がってボールを受ける動きが多くなったように思う。彼が下がるということは、中盤でのパス回しが機能不全で、前線への供給がままならなかったということだが、MFのキーマンが不在だとこうなってしまう。

 最後に、やはり主審のジャッジには文句を言いたい。これはたとえこの試合を勝っていてもいいたい。今回の主審は中国だが、ファウルの基準が一定でなさすぎる。たとえば前半の田中がドリブル突破で切り込んだシーン。右足で蹴りだした直後に敵DFが後方から軸足の左足めがけてタックルをし、田中がふっとんだ。これは後方からのレイトタックルでもあり、かつボールにいっていない。これはファウルどころかイエローのプレーだ。もちろん、PKのシーンだ。

 また、同じようにレイトタックルが目立った。那須がイエローをもらったシーンがファウル&イエローなら、那須がやられた少なくとも2つのシーンは確実にイエローだ。ここは日本のホーム。UAEラウンドでは「アウェーだから仕方ない」で済んだミスジャッジも、ここホームではもっと日本側のジャッジがあってもいいのではないか。W杯の時「ヨーロッパ勢の試合にサッカー後進国が主審を務めることがあっていいのか!」という論調があったが、その感覚は確かに理解できる。

 なにはともあれ、勝点7で3チームが並んだ。次のレバノン戦は勝つことは至上命令で、しかも大量得点で勝たないといけない。アウェーで4-0で撃破した相手だから、ホームではそれ以上の爆発を期待したい。それで日本の勝点は10。

 問題はUAE対バーレーンでどっちがどうなるか。ライバルUAEが勝って勝点10とした場合、バーレーンは勝点7のままで最終戦を勝っても勝点10で、日本が最終戦引き分けで11だから追いつかない。最終戦は日本対UAEで勝ったほうが文句無くアテネで、引き分けたら得失点差で勝負。UAEとバーレーンが引き分けた場合、両者勝点8となり、最終戦で日本が引き分け、バーレーンがレバノンに勝つと、また3チームが並ぶのだ。

 いずれにせよ、次のレバノン戦は絶対に勝たないと。そして大差で勝たないと・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-03-17 06:47 | サッカー

<< いやー、首の皮一枚ってやつ・・ UAEラウンド1位!! >>