バーレーン戦から一夜明けて   

 昨日のバーレーン戦は皆、本当にがんばったと思います。準々決勝に続いての奇跡!ということで、見終わったあとはなんか疲れちゃってしょうもない記事になってしまいました。にもかかわらずコメント&TBいただいた皆様、ありがとうございました。

 実は昨日は江ノ島花火大会。ウチの近くの海岸で見ようと思ってたから、前半の少しだけTVで見ました。な、なんといきなり1点ビハインド!

 このまま見たい、でも花火大会のためにゲストとして友人ご一家を招いていたので、TVもそこそこに浜辺へ行きました。

 そして花火から帰ってきてTVつけたら、後半の20分くらいで、2-1で逆転していた。日本も強くなったなぁ、と思ってみていたら、小笠原の不用意な横パスがカットされて、ゴールポストをなめて入ってしまった!

 ふと気が付いたら実況が「1人少ない10人で・・」なんて言っているわけですよ。「???・・何がおこった?誰が?」という疑問が解消されないまま試合は進んで、あろうことか2-3で逆転ですよ。

 正直負けたと思った。残り時間は少なく、足も止まっている。そして1人少ないせいか中盤のプレスがかけられない。攻めても鈴木のところで時間がかかって相手のほとんどが守りに戻ってきてしまう・・。

 もうだめだ・・・。と思っていたら、なんと中澤のヘッドで同点!ロスタイムに突入したくらいの時間で、なんと同点ですよ!感動した!思わず叫びましたね。

 そして休憩もそこそこにすぐ延長戦。ちょうどそのころ、テロップが出て「ロンドンハーツは時間を変更して・・・」あたりめーだ!これでロンドンハーツなんか始まったら殺すぞ!って感じでしたね。

 開始早々に玉田が見事に一人でもちこんでやってくれました!こういうプレーがFWのプレーですよ。間違いなく。だって、鈴木は足がつっていたのかもともとの速さが無いのか、持ち込んでシュートできてないもん。特に延長戦に入ってからは何度かあったチャンスでもたもたしてる間に決定機を失ってた。

 いや~、玉田良かった。2点とも自分で持ち込んで点とっちゃうなんて、ほんとに求められているFW像だと思う。久保に玉田の2トップになったら、ものすごいことになりそう。

 延長に入ってからのみんなのプレーは賞賛に値すると思う。体力の限界はとっくに過ぎていたと思う。でもあれだけ動いて執念を見せたのは、精神的にも強くなった証拠だと思う。

 さあ、中国との決勝だ!中国のサポーターを黙らせるためには圧勝しないと!相手も延長PKまで戦った。体力的にはどちらもきついでしょう。でも、圧勝して中国人民に分からせてやりましょう!

 前半3-0で折り返して、後半は「とりかご作戦」(BYキャプテン翼)だぁ!静まり返ったスタジアムでひたすらボールをまわしましょう!
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-08-04 14:49 | サッカー

<< 日本 アジアトップのFIFAラ... 死闘! 日本4-3で決勝進出! >>