悪夢再び・・豪州戦   

 負けちゃったのは実際悔しいけど、なんていうか、いい試合が見られたな、というのが最初の感想ですね。(勝ったら喜び倍増だったんだろーなー)

 この試合で「世界4強なんて無理だ」とかなんとか、岡田監督批判が出るのはナンセンス。主力を欠いてるんだから仕方ない。

 この試合で改めて確認されたことは、DF中沢が抜けるとその穴を埋めることはできない、ということと、欧州などの強豪相手では、今のFWはその存在を消されてしまうということだ。

 DFの難点は私が言うまでもなく既に指摘されていたこと。でもなぜこの試合で阿部を使ったのか。上背で勝てないのをわかっていて、そして、重要な場面でパスミスをすることもしばしばある阿部を使ったのか。そのあたりがちょっと理解できない。豪州に1点目を取られたときも、マークがずれてトゥーリオのみの対応になってしまっていた。上背のあるDFを揃える必要があるだろう。

 それからFW陣。岡崎がこれまでの結果からして先発するのは流れとしても、やはり上背が足りない玉田を先発させたのはいかがなものか。矢野を先発させる考えはなかったのか。

 FWの前での守備という日本スタイルだが、今日の試合は中盤より後ろでFWが必死で守備をしている場面が多く、頑張っているのはわかるが、戦術的にそれは違うのでは?と思った。FWが姿を消している時間帯が多く、豪州にとってゴールに迫られる脅威を全く感じなかったのではないだろうか。

 FWは、いるだけで相手に脅威を与えられる存在でいてほしい。中盤での守備の人数が足りなくなって仕方なくFWが引かざるを得ないなら、MFのスペースの使い方を改善しなければなるまい。アジア相手なら勝てるところまでは来たが、W杯4強の目的を掲げるなら、最初からワールドクラスの戦術と代表選出をすべきだろう。

 そういえば、イタリアで活躍しているFW森本はインタビューで、今の日本代表の戦術に自分は合っていないと答えていた記憶がある。代表で見てみたい選手なのに、やはり今の戦術ではフィットしないのか。世界相手だと今の戦術に黄信号がともっている現状では、戦術と代表の選出を大胆に変えてみてはどうだろうか。

 DFは185センチくらい以上に限定して選出し続けるのはどう?ちっちゃいとJリーグでは試合に出られても、代表には絶対に呼ばれない。それを続けて20年後くらいには、背が高い少年は自然とサッカーを選び、バレーやバスケを選択しなくなる社会ができる!(笑)サッカーでDFを選べば、でかい少年は日本代表の近道となっている、なんていう門の開け方ね。

 FWはどうやったら育つのかなぁ。MF本田が海外へ行ったら得点に対してどん欲になったみたいだけど、やっぱ若いうちから海外へ行かせるのがいいんだろうなぁ。Jの各クラブにFW強化選手を指定させて、ユースなんかで有望な選手がいたら海外での武者修行に行かせることを制度化するってのはどう?協会が補助金を出して推奨していく、みたいな。ヨーロッパの2部でも3部でもいいからとにかく行かせる、みたいなね。

 Jに移籍してくる外国籍のFWに体格の制限を付けるってのは?海外からやってくるのは、みんなばかでかく、かつ、めっちゃ速いFWばかりで、自然、Jの各クラブはDFを強化するだろうし。そしてそいつらを帰化させる。

 なんてアホなことばかり考えてますが、とにかく、W杯の本番でぶざまな試合をしないよう、これから必死こいて強化してほしいと思います。サッカー協会も国内の強化試合ばっか組んでないで、欧州へ乗り込む予算をつけ、マッチメイクしてやってほしい。もう、あなたたちの現役の時代とは違うんですから。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-06-18 21:25 | サッカー

<< 党首討論は理想論対現実論 千葉市長に31歳熊谷氏 >>