ウルフルズが活動休止   

 ひょっとしてファンの間ではかなり話題になっていたのかもしれませんが、私にとっては寝耳に水で本当に驚いています。

 ウルフルズの音楽性が本当に好きだったのになぁ。

 一番気に入っているのが、やはりバックの演奏ですね。もちろん、トータス松本のエネルギッシュなボーカルもそうなんですが、それ以上に、ベースであったりギターであったり、はたまたドラムであったり、一つ一つの演奏がすごくしっかりしていて、「正統派アメリカンロックだなぁ」なんて私なりに評価してました。

 Jポップにありがちな、「ボーカルが終わったらギターの見せ場」とばかりに、メロディラインを無視したかのようなひとりよがりのギターのパート、みたいな作りは一切無いし、「それが答えだ」のようなバックがライトすぎる曲ももちろんあるけど、後ろに流れるそれぞれのパートがちゃんとしててうれしくなる。

 その代表格と私の中で勝手に評価しているのが、「GO GO」。間奏そのものが秀逸なのに、ボーカルとの切り替わりがなんとも絶妙。これは名曲だと思いますねぇ。

 残念だなぁ。これからどうするのかなぁ。

 フルコンプリートしたくなってきた。とりあえずレンタル屋行ってこうかな。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-07-09 22:48 | 雑記(日記?)

<< 子ども手当半額支給より、扶養控... 民主党の子ども手当にもの申す(... >>