基本的なこと   

ビリヤードの世界をあまり知らない人に、まずは注意!

一ぉつ
 ビリヤードが趣味だ!という人に
「ハスラーなんですね!」
とは絶対に言わないこと。なぜなら、ハスラーとはいかさま師のことで、「あなたは"いかさま師"なんですね!」と言っているのと等しくなります。

一ぉつ
 「玉を打つやつですね!」などと言わないこと。「打つ」のではなく、「撞く」のです。辞書をひきましょう。めっちゃカッコ悪いです。

一ぉつ
 「玉を棒で打つやつね!」などと、間違っても言わないこと。「棒」ぢゃありません。キューです。

一ぉつ
 ビリヤードをする機会があったら、ぜひ遊んでみてください。でも、その時、全く狙ってないのに偶然玉が落ちてもガッツポーズなどしないこと。間違っても
「狙ってたもん」
などと言い訳しないこと。

一ぉつ
 隣の台で上手な人が一人で練習したりしてて、自分がなかなかうまくいかなくても

「いやぁ、久々にやるから入んない」
「今日は調子悪ぃや」


などと言い訳しないこと。ちゃんとやっている人から見れば、フォームで入る入らないは分かります。決して調子のせいではないことを。練習している人によけいカッコ悪いアピールになってしまいます。

一ぉつ
 カッコつけてくわえタバコでプレーしない。これはマナーです。台のラシャ(緑のやつ)にキズをつけることになります。キズをつけると罰金をとられます。

一ぉつ
 台に腰掛けて、両足を床から離してつかないこと。思いっきりファールです。

一ぉつ
 カッコつけてバックショット(キューを後ろ(腰)にまわしてのショット)をしないこと。練習しないと絶対入りません。普通は左でつきます。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-03-20 11:19 | ビリヤード

<< 久々のA級戦 文春またもや敗北 >>