政権選択選挙って誰が言い出したんだ!本来は政策選択のはず。   

 いよいよ公示ですね。

 いつの間にか政権選択選挙ってフレーズが定着していますが、これって、「政権がほし~の」と言っている一部の勢力がキャッチフレーズにし、それにマスコミが乗っかっただけで、1950年代に大衆社会の到来と指摘された状況から成長し切れていない日本の意識風土に妙にマッチした結果なんだろうと思いますね。

 選挙はそもそも政策の選択のはず。

 今までが、地縁・血縁・ワイロ・組合の圧力・風といった様々なちゃんとしていない要因から一票を投じてきた、いわば発展途上の未成熟社会であったというだけで、政策の選択という、かつて「公衆」と呼ばれ、大衆より判断能力が高いと位置づけられた人々が実施してきたと思われる投票行為を、するレベルに無かった民たちの間から自然発生的に「政権を選択する選挙なんだ」とわき上がってきたものではないことに注目したい(なげぇ文章!)

 自民党も民主党も政策選択の選挙はできる器にない。公約の中身と一連のネガティブキャンペーンを見ていれば一目瞭然でしょう。

 民主党は「子ども手当」など新設の制度が目白押しだが、なぜ、現行制度を廃止して新制度を作らなければならないのかという理由が明示されていない。現行制度は扶養控除という形で、子どもが進学などでお金がかかる16歳から23歳の間は年63万の控除となります。税率20%なら、126,000円の可処分所得を与えていることになるんですね。民主党の子ども手当はこれを廃止してごっそり削ります。子ども手当も16歳までなので、この8年間は増税の嵐。子どもが高校卒業したら完全純増で子ども二人に専業主婦の家庭の場合、1年間の可処分所得は32万8000円純減なんですよ。これね、現行制度のほうがトータルで面倒使用としている制度に思えますが、なぜ変えるんですか?

 その答えは、無党派の年代の子育て家庭にターゲットを絞った集票行為なんですよ。かつて定額給付金で「公然買収」と非難の声をあげた民主党が、実際の可処分所得6500円増にもかかわらず26000円配ると表現して買収しにかかっているんですな。

 高速道路無料化にしてもしかり。なぜ今の制度がダメで、完全無料化が合理的なのかの説明が一切無い。高校無料化だって、進学が困難な家庭に確実に手当が行けばそれがベストなのに、一律で全家庭に配る。その合理性は議論すらされていないんですよ。

 政策選択の選挙にしなきゃ、この国ヤバくなりますよ。有権者が上記の施策に心がときめいて目がハートになっているレベルじゃ、大衆迎合に傾斜するってもんです。有権者がしっかりしなくちゃ。

 そして、声が届く政党になっているかどうかもちゃんと考えなきゃ。自民党は派閥抗争ばっかで支持者の声を反映させる仕組みになっているのか不明だし、民主党は代表絶対主義で進言さえ許されないような特異体質を顕わにしちゃいました。

 「政権選択の選挙」なんて、有権者が愚かだから成り立つようなもの。有権者が賢明になって「政策選択の選挙」ができるようになり、要望が党中央までちゃんと届いているのか、届けるような動き、また、実現への努力をしなかったら容赦なく落とされるという健全なパワーバランスで政党が成り立っているような社会を作らないと、ほんとうにこの国はおかしくなりそう。

 結局私たち有権者にかかっているんです。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-08-17 21:22 | マニフェスト

<< 教員が禁止されている選挙運動に奔走 民主党が社民・国民新と連立 >>