オランダ戦   

なんじゃこりゃ。

期待していたのに、まったくダメじゃん。

W杯のオーストラリア戦といっしょ。最初から無意味に飛ばして体力が落ちて3失点。

なにやってんだか。

90分体力がもたないのなら、何で最初から85~90%で走り回るのか。

相手のオランダを見よ。前半はグダグダ。後半の得点までまったくもっていいとこなし。でも、時を感じていったんスピードアップすればこのとおり。

世界のトップチームが、試合の入りをスローテンポでくるとわかったなら、その時点で最初の10分パワープレーし、その後スローダウンして後半まで時間を稼ぐ。

後半の入りに勝負をかけるか、いつテンポを変えるかはまさにベンチワーク。

今の日本代表はピークの運動量で単調な攻め。そしてだんだん体力を失いグダグダに。これでは勝てるはずない。

確かに、パスのスピードとか力強さが足りないとか技術面の問題はあるが、そんなことよりもっと根本的な問題が見えた一戦であった。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-09-05 23:25 | サッカー

<< 民主またもや国民の目くらまし?... 年金制度改革に注目せよ >>