ガーナ戦   

 俊輔は偉大なプレイヤーだ。それは誰もが認めるところ。だから、俊輔批判をするつもりはないことを断っておくが、ガーナ戦の印象は、俊輔が交代したあとのほうがチームが機能したのではないか?というものだ。

 もちろん、ハードスケジュールがたたり、後半にガーナに足がつる選手がでてきたり(すげー意外だった!)、メンバーを落としてきたり、一概に言えないことは百も承知だが、俊輔にボールが集まるあまり、そこさえカットできれば日本は抑えられる、といったチームになっていないか心配するのだ。

 かつてヒデがいたときにそうであったように、フィールドプレイヤーの中で突出した力を持つとどうしてもそこを起点としがちだ。俊輔がおとりになって他のプレイヤーが起点となるというようなプレーが、TVを見る限りでは無かったように感じた。俊輔が交代すると、その起点がなくなったことが逆に功を奏して、複数のプレイヤーのそれぞれが組み立てる意識を持てたのではないかと推察する。ボールがほとんどこなかった、信頼を得ていない本田を除いてだけどね。

 それって結構意識の問題だったりするだろうと思う。自分が持った瞬間にすんげー勢いで前から後ろからデカイ相手が迫ってくれば、ボールをはたきたくなるもの。一番確実な選択肢として俊輔が瞬時に頭をよぎる・・・ってのは当然あるだろう。昨日の試合はその俊輔がとられて失点につながったシーンもあったから、誰だからといって万全というのは無いわけで、その意味では確実な選択肢を増やしていくように、他の選手が信頼を勝ち取っていくしかないだろうね。

 前半のガーナのつなぎを見て、「あ~、日本はホントはこういうプレーをしたいんだろうな」と思った。ワンタッチで強くはたく、トラップできっちり収まる、はたいた後に選手が追いつく・・・。日本はと言えばそれを取りに行くのに、こっち行ってはかわされ、こっちに詰めたらはたかれ、いいように振り回されていた。日本のパス回しとは全然違ってて、フツーに「スゲーなぁ」と感心した。いいお手本だ。

 前半の終わりだったか後半に入ってからだったか、中からライン際に強いボールを出すケースが増えてきたが、追いつけなくてタッチを割ったというシーンが目立った。これまでよりも強くボールを出す、というのは、体の使い方やタイミング、強弱の距離感がまるで違うのだろうが、追いつけないシーンを見て、重要性に気づいたが、慣れるまでに時間かかりそう、と思った。

 国内の強化試合では、是非、止まっている味方の足下へのパスの禁止というルールで試合してほしいな。動いてパスをもらう。足下に欲しい選手は動いた先で足下になるパスを要求し、スペースに走り込んでそのまま攻めたい選手はそういうパスを見方に出させる。そうしていけば徐々に意識が変わっていくと思うけどなぁ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-09-11 00:22 | サッカー

<< 鳩山内閣の社会主義度は44.4% 民主またもや国民の目くらまし?... >>