鳩山内閣の社会主義度は44.4%   

鳩山内閣の顔ぶれが決まった。
全18人の閣僚のうち、隠れアカが7人、現役アカが1人の計8人がアカで、44.4の社会主義度で船出した。


▼副総理
 菅 直人(社会民主連合→新党さきがけ→民主党)

▼法務大臣
 千葉 景子(日本社会党社民党→民主党)【参】

▼文部科学大臣
 川端 達夫(民社党→新進党→民主党)

▼農林水産大臣
 赤松 広隆(日本社会党→民主党)

▼経済産業大臣
 直嶋 正行(民社党→民主党)【参】

▼国家公安委員会委員長・拉致問題担当大臣
 中井 洽(日本社会党民社党→新進党→自由党→民主党)

▼消費者・食品安全・少子化対策・男女共同参画担当大臣
 福島 みずほ(社民党

▼行政刷新・公務員制度改革担当大臣
 仙谷 由人(日本社会党社民党→民主党)


副総理に社会民主連合出身の菅直人が座ったことで、見事に紅白の2トップ。紅組が勝つか白組が勝つかなんて言ってられない(笑)。

法務、文部、国家公安に社会主義が並んだのは正直不気味だ。川端 達夫は労働組合系ではあるが、日教組系ではない模様で、ひとまずほっとした。

隠れ専従事件のあった農水省の大臣に旧社会党の赤松 広隆が就任したことで、専従問題は解消されずに、さらに地下組織化して存続することにならないか心配だ。

経産相の直嶋 正行は、トヨタ自動車で労働組合活動に没頭し、仕事をせずに組合専従だったらしい。四大出というのも心許ない。MBAくらいはもっている人物が望ましいのではないか。

ウチのブログでもさんざん言ってたことだが、民主党のイメージである「若さ」「しがらみのなさ」「松下政経塾出身」というものとはほど遠く、結局、旧自民党5人、日本新党2人、新党さきがけ1人、アカ8人、で、新進もしくは現民主党は2人だけだ。

イメージで選んだ1年生議員は、当分の間数合わせのための頭数にすぎず、当選回数が4~5回まで行かないと表舞台には出てこれまい。風俗ライター兼濡れ場女優が当選回数を伸ばすような日本だとお先真っ暗だ。1年制議員に年間2500万以上も給料を払って、彼らが育ってくるのを待つ余裕など、今の日本にはないハズだ。

私個人としては、検事や弁護士、医者、MBAなどの有資格者でいずれもで経験豊富な人物、あるいは、四大卒ではなくてせめて修士、博士号保持者など、世間一般の通念で見て優秀である人物にこの社会を託したい。美人刺客候補なんてもってのほかだ。議員は高給取りなんだから相応の能力がないとね。

ま、いずれにしても社会主義度44%の内閣がスタートしたわけだから、その仕事ぶりをしっかりと監視していきたいものだ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-09-19 01:06 | ニュースコラム

<< 祝!10万ヒット! ガーナ戦 >>