政治資金規正法の改正はいつやるんだ!   

 原口総務大臣にも政治献金の問題がもちあがった。NTT労組からの献金を「書き忘れていた」から「報告書を修正する」そうだ。

 いったん締め切った政治資金報告書を、あとから理由をつけて修正が可能なのなら、提出時の宣誓も罰則規定もまったく意味がないではないか。

 前にも言ったが、修正は罰則の適用後にしか認めないとする法改正をせよ。

 鳩山総理大臣の故人献金問題だってそうだ。存在しない名義借りをしていたのが見つかって「間違いだった」としてほとんどを削除して罪に問われないなんておかしいでしょ。

 政治家は、政治資金なんてみんな苦労してダークなことやってるから、スネに傷を持つ輩が強気で攻めてこないなんて思ってるんだろうな。

 偽った報告書を提出した場合には、その提出行為を罪としていただきたい。政治資金規正法違反として刑事罰を厳格に適用する。修正したくば、罰則を適用した後。こんなの当たり前のこと。

 選挙前の公開討論会で、公明党は確か連座&公民権停止という強い内容に改正するとし、鳩山代表も前向きな考えを示した。

 さあ、臨時国会で改正しな。自身が潔白なら、故人献金疑惑の捜査が進んでも、よもや自分が改正した政治資金規正法違反でしょっ引かれることはあるまい。潔白だというのが口だけではないなら、法案の提出ができるはずだ。

 ま、やらないだろうけどね。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-10-07 00:27 | ニュースコラム

<< 授業料無料化のため、教員給与の... あ~あ、結局赤字国債か。 >>