サンコーのフルハイビジョンビデオ T1000を買ってみた。   

フルハイビジョンのビデオカメラが19800円!という仰天ニュースを目にして、買ってみた。


サンコ- FULL HD VIDEO CAMERA T1000 SAHDCTBK

二年前の、第一子が生まれる前、散々悩んでソニーのSR-8を買った。これはいわゆるフルハイビジョンではない。その後フルハイビジョンのSR-12とか出たが、まあ、画質は綺麗だし特に買い換えは考えていない。

でも、である。100GBのハードディスクに記録するので、重いのである。私は平気だが、嫁にしてみればやはり使い勝手がよくない。

これまで「これってビデオもんじゃない?」というかわいいシーンや滑稽なシーンを逃していたのも事実。すぐ撮る、という手軽さがほしいなと思っていたところに、このニュースを見たので、買ってしまいました。

記録はSDHCの32GBまで対応とあったので、価格.comで最安(送料換算)のA-DATAのをアマゾンで一緒に買いました。全く問題なく使えてます。


A-DATA Turbo SDHC 16GB Class6 for Eee PC SDHC16GB/Eee

 メーカーは、サンヨーではなくて「サンコー」です(笑)。

 持ってみた感じは、とにかく軽い!液晶を開けると電源が入る手軽さもいい。

 質感は、まあ、値段相応。高級感はない。目的が携帯性や即応性だから、そのへんは別にいいや。

 気になっていた画質はどうか。実際に撮影してみた。画素数は500万と落ちるし、お高い機種についているような光学のエンジンみたいな説明も一切無いが、屋外での撮影については、別に悪くない。屋内は若干暗めかな。明るさのデジタル補正というのがあって、全体の色を薄くするような処理で明るさを調整している。

 大きさは、フリースのポケットにらくらく入るので、子どもを公園に連れて行き、一緒に遊びながら撮影して、終わったらすぐポケットに入れられるから、非常に便利。SR-8だと、お高い機械ということもあって、専用ケースに入れてバッグにしまって、というのが面倒で、撮影タイムだと区切ってしまいがち。でも、子どもの動きは予測を超えるので、すぐにポケットにしまってリアクションが取れるのはいいね。

 屋外の撮影で困ったのが、液晶画面の発光力が弱いので、太陽の下だと画面の中が黒くなって見えなくなってしまうこと。ぼんやりとした輪郭をたよりに子どもを追っかけてました。

 動画と写真の切り替えもワンタッチ。写真ボタンを押すだけ。これも簡単でいい。

 今度、実際に撮った画像UPします。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-11-08 23:33 | 雑記(日記?)

<< ガソリン25.1円下げて、環境... 全量買取制度で初期投資回収約10年 >>