高速料金値下げ!   

乗用車割引 5.5倍に 道路公団 高速道の新料金案判明

 朗報ですな。ようやく高速道路の料金が値下げですか。いっとき、東名道などの収益があがる道路から、赤字路線へのプール制による補填が話題になり、東名道などは、「償還が終わって無料化すべき」とか、「料金の引き下げを」という声があがっていた。でもなかなか実現しなかったが、ようやく、である。

 ETC車が対象ということなので、うちもその恩恵にあずかれマス。

 ただ、記事からは分からないことが一つ。うちもETC前納割引で58000円を50000円で購入しているが、マイレージのところには「現行のETC前納割引と同じ。」と書いてあり、前納割引を使いながら、かつマイレージポイントがたまる、ということにはならなさそう。ということは今と変わらない、ということかな?

 大都市早朝深夜割引では利用料金の50%引きになっているけど、これも前納割引との併用ができないのかな・・。そもそも前納割引がなくなっちゃうのかな・・・?

 このあたりは役所が考えていることなので、ふたを開けて見ればあまりたいしたことなかった・・、なんてことになったりして。

割引対象は、ノンストップ料金収受システム(ETC)を使う全車両。
≪国交省の高速道新料金割引案≫
 【一般利用者向けマイレージ】
 有効期間が最大二年のポイントを利用額五十円ごとに発行する。一〇〇ポイント、二〇〇ポイント、一〇〇〇ポイントで交換できる。一〇〇〇ポイント相当の五万円利用では八千円を還元。割引率は13・8%となり、現行のETC前納割引と同じ。
 【新たな大口利用者対象割引】
 現行の別納制度を廃止し、一台当たりの一カ月ごとの利用実績に応じて割引。日本道路公団が発行するハウスカードが必要で、(1)月の利用額に応じ「五千円超一万円の部分」の10%引きから「五万円を超える部分」が25%引きまで四段階に割引(2)一台平均が三万円を超えかつ契約者の利用総額が五百万円を超える大口の場合は割引を5%上乗せとする。
 【大都市早朝深夜割引】
 東京圏と大阪圏に大都市近郊区間を設定、午後十時から午前六時までの間に高速国道を出入りし、総利用距離が百キロ以内の車が対象。利用区間の現行料金額から50%引き。
 【地方通勤割引】
 大都市近郊区間を除く区間で、(1)午前六時から九時(2)午後五時から八時-の朝夕三時間の間に高速国道に出入りし、総利用距離が百キロ以内の車を対象。利用区間の現行料金額から50%引き。
 【深夜割引】
 午前零時から四時の間に高速国道を少しでも走行した車を対象に、利用区間の現行料金額から30%引き。

[PR]

by cogno_eb2 | 2004-08-27 09:37 | ニュースコラム

<< 練習4時間 アテネ五輪総括 野球編 >>