赤字国債が過去最大 53.5兆円   

 先の衆院選のさなか、民主党のマニフェストには財源がないと散々非難されたにも関わらず、「無駄を削減すればできる」という楽天的な切り返しで見事政権をとった。フタを開ければ、事業仕分けによる無駄の削減はわずか約7400億円。基金の返納約8400億円と合わせても概算要求95兆円に対して1兆6000億円にしかならなかった。

 マニフェストは絶対だから、無駄の削減で捻出できなかったから赤字国債の乱発、というのは、どうにも解せない。マニフェストは、お金があるからこの政策をやりますという前提でしょ?カネが無いならできないのは当たり前。マニフェストでは、「無駄を削減して捻出し」、「そのあかつきにはこの政策をやります」というのが正しいから、「無駄を削減しても捻出できなかったらできません」と頭を下げるのがマニフェスト至上主義の正しい姿なのではないか。

 「財源はやってみないと分かりません」といいながら、「約束したからには借金してでもやります」とは言わなかったはずだ。借金してやるべきかどうか、国民に聞いたらどうか。

 高速道路の無料化の人気が低いのを受け、全路線無料化はほぼあきらめたようだが、それ以外の政策についても、借金をしてまでやるべきかどうかを問うべきだ。

 そうすると、マニフェストのほとんどの項目は実施できないはずだ。「無い袖は振れぬ」のであって、そんなことは選挙前からわかっていたことだ。

 単に選挙民が踊らされていたんだ。フタを開ければ大増税の嵐。所得税も住民税も増税。ガソリン税は下がると思いきや環境税に衣替え。ガソリン値下げ隊とやらは声を上げないのかい?それは話が違うって。

 連立もうまくいかないのでは?なんて声は選挙前からあった。基地問題で水と油の社会主義者たちとうまくいくはずがないし、現に、社会主義者は早くも「連立離脱カード」をちらつかせ、恐れおののいた鳩さんは冷や水浴びせられてあっという間に意気消沈。民主を推した人たちも、社会主義者たちを信任した覚えはないだろうから、「早く離脱すれば?」と思ってるだろうな・・・。

 ミズホちゃんは本来業務はまったく目立たず、基地問題や子ども手当でメディアに出まくり。亀さんは郵政問題で郵政国営化の先祖返りにまっしぐら。ほんと、何じゃこりゃ?という状況だけど、いつまで続くんだろう・・・。将来うちの子どもたちが、働けど働けど国の借金返済のために増税がつづくなんてことにならなけりゃいいけど・・・。

 今だって親の助けがなければ家だって持てない時代。過去の富を食いつぶしている今の時代の次は、現在の富がない我々が親になって、子に分け与えられないから、どん底の未来予想図にしかならないんだけど・・・。

 ミンス党には未来の展望がない。未来の果を知らんと欲せば現在の因を見よである。
[PR]

by cogno_eb2 | 2009-12-09 21:37 | マニフェスト

<< 御家人斬九郎が1月25日にスカ... SONYのPMBとWindow... >>