Corega CG-NSC2100GTをREGZA Z3500で使う   

パソコンのHDD増設をバルクHDDでやってる人にオススメです。

パソコンのHDDの容量は年々増加して、今では2TBのバルクが14000円程度で買える時代になりましたね。

パソコンのHDDを2Tにしようと思って買っても、これまで使っていた1TBや500GBのHDDが余ってしまったとき、迷わずCorega CG-NSC2100GTに入れて、REGZAのNASにしちゃいましょう!


Corega 2BAY RAID対応 LAN接続HDDケース CG-NSC2100GT

価格.comの口コミではZ3500では使えないなどの情報が寄せられていますが、まったく問題なく使えます。

セットアップは添付の説明書のとおりやります。パソコンからNASの設定画面に入り、NASに「SHARE」フォルダを作り、このフォルダの権限を「読み&書き可」に設定します。

あとはREGZAの機器認識の時に、「ユーザーの切り替え」を選択し、ユーザー名とPWを入力するだけ。私の場合は新規ユーザーを作ってないので両方「admin」で入力するとあっさりREGZA側で認識しました。

簡単に、安く、NASが作れます。

このケースはバルクHDDを2台入れることができ、最大で2TBです。

うちはsofmapで買った1TBを2台入れてます。

これはオススメです。
[PR]

by cogno_eb2 | 2010-01-03 12:03 | 雑記(日記?)

<< お子様政党を勝たせた有権者の責任 鳩山内閣は全員で深々と頭を下げよ >>