三船敏郎の悲劇   

 スターウォーズネタを書いて思い出したのが先日放映されたある番組。

 有名な話なそうなので多分みんな知っていると思うけど、ちょっと書いておこうかと。

 三船敏郎は、なんとスターウォーズのダース・ベイダー役としてオファーが来ていた。

 しかし、「七人の侍」「宮本武蔵」「用心棒」など、国内での地位を確立していた三船にとって、「宇宙戦争の剣術使い」といったオファーには「そんなもん、出れるかッ!」といって断ってしまった。



 ところが、スターウォーズは空前の大ヒット。その後3部作となり、映画史に残る作品となったのである。

 そこで、次になんとあのスピルバーグから来たオファーにとびついたのだ。1979年の映画「1941」の潜水艦長ミタムラ役である。



 しかし、これはパロディというかコメディ映画で、三船扮する司令官ミタムラは、潜水艦で航行中に迷ってしまい、挙句にハリウッドを攻撃するというおバカな役柄。

 どういう役柄か確かめなかったのが災いしたか、これは駄作も駄作で、おそらくスピルバーグ的には封印あるいは彼の映画史から消されているかもしれないほどひどい映画だった。

 これで懲りた三船は、次にあったオファーを蹴った。

 それがなんと、ベスト・キッドのミヤギ役。これまた大ヒットし続編に次ぐ続編が撮影された映画だ。



 三船敏郎が最初にダース・ベイダーを引き受けていれば、こんな悲劇は起こらなかったのに・・・。

 ということで、このTV番組を見てふと心配したのが渡辺謙だ。ラスト・サムライで好演し、主役のトムを凌駕する存在感を見せつけた渡辺だが、次の映画がなんとバットマン。

 あのシュワちゃんでさえ「ミスターフリーズ」とかいって、かぶりもの&ヘンなメイクで登場したので、非常にいやな予感がした。とんでもない格好させられてスベるんじゃないかと。

 とりあえず、ロケの風景が報じられたので安心した。



 ビッグになっていってもらいたい俳優なので、是非、作品は選んで下され。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-09-01 16:29 | 映画&DVD

<< 山本昌邦五輪監督が辞める! 防災の日 1都8県で総合防災訓練 >>