結局、民主党は「政治家が秘書と同罪なんてありえね~」ということか。   

 「鳩山首相が過去にこう言った」と調べて責任を追及しても、この人はまったくへこたれないので、この人がどう発言しようとも将来どうなるかなんて保障されない。

 先日、事務所長の脱税・基礎で議員辞職し、再度選挙で勝ってはい上がってきた加藤紘一議員の実にまっとうな委員会質問があったそうだ。


<加藤紘一氏>「秘書がやったことは…」首相に「責任」迫る

2月8日21時30分配信 毎日新聞
 「首相は昔、秘書の行ったことは政治家自身に責任がある、議員バッジを外すべきだと言った。昔と今、どうして違ったんですか」

 8日の衆院予算委員会で質問に立った自民党の加藤紘一元幹事長は鳩山由紀夫首相に対し、偽装献金事件で元秘書が起訴された責任を取って議員を辞職するよう暗に求めた。

 加藤氏は02年に事務所代表だった人物が脱税で逮捕・起訴された際、鳩山氏から「秘書がやったことは政治家の責任」と批判され、議員辞職した経緯がある。

 8日の質問では「個人レベルの話にしてはいけない」と自身の辞職には触れなかったが、首相が「今、置かれた立場で考えた時に、使命を果たすことが責任の取り方の一つだ」と答えると「首相なら2倍も3倍も責任を取らなきゃならんのです」とたたみかけた。【鈴木直】


 「あの時は野党の議員だったが、首相という立場になったら、その立場に応じた考え方をしなきゃいけないから、偽装献金で元秘書が起訴されても、辞めることじゃなくて続けることが責任の取り方だ」と、現在の見解を披露した。

 自分が野党に転落すれば、与党あいてに再び「議員バッジを外すべきだ!」と糾弾するのかな(笑)。それとも、今回首相になって当時見えてなかった世界が見えたから、後に野党に転落しても、時の首相が責任をとって辞めると言ったら「職を続けるべきだ。それが責任の取り方だ」とちゃんと言ってくれるのかな。いや、ありえね~。

 衆院選前に日本記者クラブで公開討論会があったが、この場で、公明党の追求に対し、次のようなやりとりをしている。でも、平野官房長官は「秘書の罪による連座で政治家の公民権停止」は問題があるとして反対の意向だ。マニフェストには書いてなかったから公約違反にはならないからね。逃げ道残しておいて良かったね。


2009年8月17日
日本記者クラブ公開討論会

◆公明党太田代表(当時)
「後をたたない政治と金、政治の信頼を回復することが大事だと思います。信なくば立たず。与野党を越えてこういう問題にきちんと対処することが重要だと考えます。私たちはマニフェストに、秘書が虚偽記載など法律違反をした場合、監督責任のある国会議員を公民権停止、政界退場、これが大事だ。この法改正をしようということを掲げました。そして、自民党との与党の共通マニフェストにもこれがなりました。この法改正には鳩山代表はは賛成か反対か。イエスかノーか、端的にそれだけお答えいただきたいと思います」

◆民主党鳩山代表
「私はまだ必ずしも、その詳細に関して勉強しておりませんが、しかし政治をクリーニンにするということは大変いい話だと思っておりますので、基本的にこの方向に対しては私は前向きに民主党としても対処すべきではないかと考えております」

◆太田代表
「秘書の場合も本人が政界退場という法改正には賛成というのが基本的な方向ですね」

◆鳩山代表
「基本的にはそれでいいんじゃないですか。それをこれから政党で当然のことながら、政調で勉強させていただく必要があろうかと思いますが、前向きに政治とお金の問題に関しては議論することは正しいと思います」



規正法改正、公明案に否定的=平野官房長官

2月9日11時26分配信 時事通信
 平野博文官房長官は9日午前の記者会見で、秘書が政治資金収支報告書に虚偽記載をした場合に議員本人の公民権を停止させる政治資金規正法の改正を公明党が唱えていることについて「(秘書に)意図的にそういうことをされてアウトとなると、非常に難しい問題が起こってくることも想定される」と述べ、否定的な考えを明らかにした。 


 政治家は言葉が軽くてカネに汚い。そうしないと政権交代なんてできなかったんだね。政権交代が実現できる二大政党制って、本当に必要なのかな・・・?

 やるやる詐欺はもうたくさんです。
[PR]

by cogno_eb2 | 2010-02-12 22:11 | ニュースコラム

<< 今度は北海道教組から違法献金 年金流用の予算案 >>