年金流用の予算案   

年金保険料流用で紛糾=自民、「公約違反」と追及-予算委

2月9日16時26分配信 時事通信
 自民党が9日の衆院予算委員会で、2010年度予算案で社会保険事業運営費の一部に年金保険料が充当されているのは、「保険料の流用禁止」をうたった民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)に違反していると追及、審議がたびたび中断する場面があった。
 予算案では、年金手帳作成などの事務的経費である社会保険事業運営費4475億円のうち、年金保険料から2046億円が充てられている。自民党の大村秀章前厚生労働副大臣は、民主党が「年金保険料は年金給付だけに充当することを法律で定める」と公約に明記したことに触れ、長妻昭厚労相らに整合性をただした。
 厚労相は流用を認めた上で、「初年度で実現できないのは遺憾だが、4年間で努力していく」と苦しい答弁に終始。鳩山由紀夫首相も「(公約では最初の)1 年で実施する事業は、そう書いてある。年金保険料の流用禁止はそれ以外だ」と説明したが、大村氏は「公約には『4年間で』とは書いていない。明らかに違反だ」と反発した。 


 あーあ、という感じ。うちのブログでさんざんしてきしてきたけど、年金の流用は許されない。年金は言ってみれば掛け金であって我々に還元されるためのもの。それを目的外使用することはあってはならない。

 民主党もそのように主張してきたはず。かつて問題となった職員の福利厚生費への流用と性質が違うといって逃げてもダメだ。
政権が変わって年金問題も前進するかと思ったが、子ども手当などの現金バラマキの話ばかりで新しい年金制度の話がいっこうに聞こえてこないと思ったら、相も変わらず流用ですか。

 前政権がやったことを否定しまくるなら、悪評高い年金手帳なんてやめてしまえばいいんだ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2010-02-12 22:11 | マニフェスト

<< 結局、民主党は「政治家が秘書と... 小沢幹事長は不起訴 >>