カテゴリ:家探しの旅( 9 )   

家探しの旅9   

 事務所に行ってみた。紙に書いてある看板などない。建設会社の名前だけ。紙には、建築条件付きの会社名があり、この事務所の名前と一致したため、中に入って聞いてみることに。
 
 間違いはないという。建設会社の不動産部門とのこと。やった。またしても売主直だ。70万ほど浮く。
 
 話を聞いた。最近価格改定をしたばかりだという。建築条件も外れた。当初より130のダウン。ただ、これ以上は不可能と譲らない。売れなかったら建て売りにするつもりだったとのこと。
 
 ハウスメーカーを見て回っていると話したが、ウチもいい家建ててますよと説明してくれた。これが押し売りではなくたんたんとしていて、いい人だ。この人は営業マンではなく設計士さんだ。建物にかなり自身があるらしいが、それを押しつけない。選択肢の一つとして話してくれた。いい人だ。アンタッチャブルの山崎にどことなく似ている。関係ないが。

 ひととおり話を聞いた。家で家族会議。工場の横はほぼ無くなってきた。この土地にハウスメーカーか、それとも、この会社で建てるか。

 嫁の妹が努めている会社に聞いてもらった。回答は、地元のいい工務店を探せたらそれが一番いいとのこと。この建設会社の評判は、その会社にまでは届いていなかったが。

 日を改めて、家族で建物の話を聞きに行った。この設計士さんが建てた実際の建物を3軒、戸建てとして見学会をやっている2軒を見せてもらった。

 なんといっても気に入ったのが小屋裏収納。戸塚で見た分譲住宅の小屋裏収納は、天井をぱかっと開けてハシゴをおろすタイプだったから、ミサワの蔵のある家が引き立ったが、この設計士さんは高さ1.4mの3階建てを造る人だった。正確には3階建てではないのだが、そういう作りなのだ。階段があり、小屋裏の広さにより窓(開口部)も付けられる。屋根裏ではないから断熱材はこの3階部分の上にしっかり入る。

 実にいい。しかも小屋裏は坪単価15万。よろしすぎる。

 決まった。この人の設計に期待しよう。実際、この人が建てた家に住んでいる人もすごく満足していると言っていた。そして、外観も非常にかっこいい。坪45万で標準仕様のハードルが高い。現地を見に行ってなんども「標準です」と紹介される。すっかり我が家では「標準です」が流行語になった。

 決まった。さんざん探し回ったが、ついに決まった。愛和建設(株)さんにお世話になろう。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-12-04 23:03 | 家探しの旅

家探しの旅8   

 やっぱハウスメーカーは高い。当然ですが。予想どおりですが。

 工場横を2000以下に抑えさせるか?開きが450もあるからそんなには下げないだろう。いいとこ200か。

 物件価格を4500としてマキローンで計算してみた。鼻血がでそうなくらいクラッときた。SBIがいいかなと思ってたので、SBIの35年で、繰り上げ返済のシミュレーションをしてみたら、一ヶ月の支払いがすごいことに。これではムリだ。

 大本命として据えた工場横の条件よりも良い土地を引き続き探していたが、一つ、ネットで見つかった。ネットでは現地の地番が無い。ぞうのマークの担当者に地番が分からないか調べてもらった。物件広告をもらって、ついでに、その付近のいくつかの土地にも行ってみることに。一つは、南側12m道路に面している。車がうるさそうだ。隣の家が室内で大型犬を飼っている。毎晩吠えられたらたまらん。駅からもちょっとある。

 広告をもらった物件。なるほど。希望より5坪少ないが、駅から近いし悪くない。都市ガスも来ている。道路を挟んだ目の前の土地は、区画整理がしてあるが枯れた果樹みたいなのが生えている・・・??

 欲を言えば、この枯れた果樹の角地が南道路で条件はばっちし。これが売り物ならこっちを買いたいなぁ。さっそく例の担当者に連絡。地番からして売り物ではないらしい。斜め向かいの土地なら広告があった。しかし、2600万。今回見に来た物件より狭く、交通量の多い道路に面しているのに。

 ありえない。

 もし、この角地が売りに出たら、それより高くなるということか。担当者いわく「区画整理はしたけど、地主が売るつもりはないんでしょうね」とのこと。今回見に来た土地は工場横より安い。5坪狭いんだけどね。

 町並みはいわゆる田舎町。でも、駅、スーパー、公園、医者、小学校、コンビニにレンタル屋までひととおり揃っている。妻も気に入ったみたいだ。
土地には、「建築条件付土地 090-・・・」とだけ書かれている。普通はこんな看板に電話はしない(笑)

 ただ、業者用の広告を持っている。そこに行ってみることにした。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-12-04 23:03 | 家探しの旅

家探しの旅7   

 土地の大本命が浮上したことで、住宅公園に行くことにした。嫁には、展示場はデカすぎるからあらぬ夢をもたぬよう忠告した。あんなデカイ家が建つはずがないから。

 最初は妻の希望でヘーベルハウスに行った。たまたま当たったのが若い営業。他社との比較はいいが、さんざん非難する。壁を少なく広い作りができるとあって、構造は確かにいいが坪単価の目安は60万。ヘタクソな営業に助け船を入れたのは1歳の我が子。子どものぐずぐずを理由に退散した。実は新婚のころ一度藤沢のヘーベルハウスに行ったことがあったが、そこでも全く同じ他社批判のオンパレード。この会社の営業方針は変わらないのね。

 土地が2300だとしたら、坪単価60万だと30坪プランで1800万。諸経費が250万とネットで見たので、予算オーバー。照明やらエアコンやら家具やらも考えるととてもムリ。せっかく50坪の土地があっても、1階の床面積15坪?住まいがちょこんって感じ?

 次は先輩の推薦もあってダイワハウスへ。高気密・高断熱の作りは、なんといっても冬の朝の温度の違いだと先輩は力説していた。プランはいくつかあるが、やはり、坪単価からするとちょっときついか。お金の問題もそうだが、ベースとなるプランからカスタマイズする方法では、希望の間取りが作れなさそうで、選択肢には入ってこなかった。

 家の造りという点でもっとも気に入ったのがミサワホーム。蔵のある家というのが実際に見たくて、展示場へ足を運んだ。

 高さ1.4mの空間を蔵と呼び、そこは床面積に入らないということで、たっぷりの収納を作っても、同じ容積率でありながら、一般の作りより広々と作れる。これは気に入った。木質パネル、木質樹脂サッシ(だったかな?)も気に入った。若い営業マンも丁寧で好印象。ただ、どのくらいの費用になるのかは、設計士同席の上話したいと、その場では数字は出なかった。

 その後ネットで調べたら、坪70万だということが分かった。蔵の部分はネットでは分からなかったので営業に聞いたところ、なんと坪30万。蔵にそんなにかかるの?クロス貼った程度でしょ・・・。

 機能は気に入っただけに、予算アップするか?ん~悩ましい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-12-04 23:02 | 家探しの旅

家探しの旅6   

 家探しをスタートしてだいぶ月日がたった。横浜は通勤の負荷を減らすという点で、価格面からも戸建ての購入にせざるを得ないかなと思ってはいたが、紹介された物件の多くが、隣の家と近い、どの窓からも隣の家の窓が見える、路地が狭く車を変えないと嫁さんが乗れない、といった不便さが決定的で、なおかつ、小さい子が多々世話になっている嫁さんの実家から遠くなる、という難点があり、相模原にすることに。

  ぞうさんのマークの課長さんからは、一段目を積極的に勧められました・・・。お気持ちはありがたいです。ホントに。
 予算からすれば、買えないことは無いんですが・・。土地を狭くするしかないんです。

 横浜であれば、通勤の利便ということで、30坪もやむなし、建て売りもやむなし、だったのですが、相模原にするのならば、広さはこだわりたい。

 なにせ、私の実家は富山なんですが、120坪で7LDK+Sのガレージ3台分。富山では普通の大きさでも、関東では望むべくもないことは重々承知。嫁の実家は60坪。夫婦そろって広々と暮らしてきたこともあって、30坪でぎちぎちに住むのは最初から抵抗があった。

 麻溝台で50坪超の土地が出た。早速現地へ。最初は車で通って見ただけ。次は家族で行ってみた。広さは申し分なし。駅から遠く、周りにスーパーなどもない。通勤はかなり大変。本格的に検討しようと不動産屋に連絡して書類を取り寄せた。値段を200万下げたという。もう一度見に行った(三度目)。車から降りるとなんともいえない臭いがする・・・。周りを回ってみた。養鶏場が近い。既に住んでいる人に聞いてみた。「ああ、最初は気になったけど、慣れましたよ。風がある日は風向きによって臭わないけど、こういう天気の時は臭いますよ」

 慣れる、かぁ。

 麻溝台でもう一箇所50坪超を見つけた。工場の隣。廃業した養鶏場が近くにあるが、現役はなく、臭いは全くしない。ここはいい。不動産屋に行ってみた。

 「手前どもが売主ですから、手数料はありませんよ。価格交渉も余地はあります」とのこと。他に50坪超の土地を造成する計画はないか聞いてみた。「なぜ麻溝台で50坪超が出ているかというと、ここは市街化調整区域で本当は開発に制限がある場所。でも市の条例で、6m道路に囲まれた一定の広さの土地は開発許可をとれば造成できる。その際、30坪のように細かく区切れない制約があって、50坪超が多いんです」といって制度を詳しく教えてくれた。いい人だ。
 
 残念ながら、この業者で、この近辺で他の開発の予定はないとのこと。

 鳥さんと工場の横。夜の街灯が暗くないか、夜も行ってみた。広さは同じ。鳥さんは可能性が低くなってきた。工場の横が大本命。嫁さんは、古淵駅までの道路が暗く雑木林の中を通るので危険ではないかという。通勤も大変だ。価格交渉といってもまさか2000を切ることはないだろう。次々と売れていて、今残っている土地でナンバーワンの土地は既に両隣に家が建つ。日中の影の大きさも写真に撮った。

 ん~、どうしようか。非常に難しい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-12-04 23:02 | 家探しの旅

家探しの旅5   

 雑誌やネットの情報をもとに現地に行くのは効率が悪いと悟った我が家は、泉区、戸塚区あたりの情報を希望として、不動産業者に情報を頼むことに。数社から情報をもらいながら、家街横濱というところから、破格の未公開物件があるとの情報が入り、予算的にもいける数字だったので、見に行くことに。

 赤ちゃん連れだったので、まずはその未公開物件を見たかったが、条件などを聞かせてもらって、合う物件をいくつか紹介するということで、情報を記入。小一時間かかってようやく出発。まずはその未公開物件。まだ人が住んでいて、訳ありで売りに出す予定とか。更地にして売り出すというが、車一台入るのがやっとの坂道。これって駐車場は?と聞くと、下の方で借りるしかないと。即却下。

 では、ご紹介物件に行きましょう、ということで、いくつか見て回る。条件として話してたときに、八王子の崖崩れで家が前に倒れてしまったニュースを引き合いに、そういう場所はダメと言っていたのに、紹介されたのが裏手が山。ダメだって言ってんじゃん。その次も旗地に近いような形の造成地で却下。

 結局この会社とさよならして次の会社へ。横浜へ探しにくる機会もそんなに無いからということで不動産屋をハシゴの強行軍。

 先ほど紹介された未公開物件の話をしたら、「それは家街横濱では?」とズバリ。「お客さんからその手の話をよく聞くんですよ。未公開物件と聞いて行ってみたら他の物件も勧められたと。未公開物件というのが実在していない可能性もある」とその営業マン。なるほど。あの細い道でつっこんだはいいがバックしながらようやっと車を戻すあの家。売り物でもなんでもなかったのかも。「ここはちょっと・・」と言わせないといけないから、あえてそういうところへ行ったのかなぁ。その先で家を造ってたから、その急坂へ出入りしても不思議がられないしね。

 だとしたら、すげー戦略。不動産業界の裏を覗いたような気分。

 その二番目の会社の営業マンは若かったけど親切な人で、その日案内してくれた物件は希望とはちょっと合わなかったけど、後日ネットで見つけた物件の現地写真を撮って送ってくれたり、よくしてくれました。ホントは彼から買ってあげたかったんだけど、坂の多さ、価格からするとどうしても駅から距離が出てしまうこと、そして広さも30坪がいいところだと・・。結局、横浜を諦めることに。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-12-04 22:21 | 家探しの旅

家探しの旅4   

 戸建て探しにシフトしたわけだが、場所をどこにするか、ということも最後の決断に。住まいは相模原だが、職場は横浜なのだ。

 通勤の負荷を軽減するためにも、横浜で探すことも検討し、まずは相場を見なければと、今度は『住宅情報タウンズ』に切り替えて、電車の中でせっせと下調べ。

 諸費用は除き、物件価格4000万を下回るのが理想なので、そのセンで調べた。横浜だと南区、保土ヶ谷区、旭区、泉区、戸塚区あたりがレンジに入ってくる。

 その中で、まずは南区の4物件へ行ってみることに。

 1軒目。駅徒歩10~15分という表示だが、とてもムリな距離に思え、かなり不安になってくる。そして地図に従って進む私たちの目の前に現れたのが、心臓破りの急坂。車のエンジンもかなりうなっている。そしてたどり着いたのが崖を拡張して、壁面をコンクリで固めたような造成地。これってもともと空中だった?これぞ地面を生み出した造成地。立派です。確かに眺望よし。でも洗濯物が飛んでったら即お陀仏のハイリスク住宅になりそう。「現地販売中」という旗の近くで営業マンがタバコ吸ってましたが、車から降りる気にもならず次の場所へ。

 次の場所もさきほどまで急ではない坂を上がり、くねくねと進む。回っている間にふと「坂だらけ」「道細い」「駅から遠い」というキーワードが浮かび、全部回る前に南区を諦めることに。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-12-04 22:21 | 家探しの旅

家探しの旅3   

 マンションの選択肢は消え、一戸建てにすることにした。

 情報をとにかく得なければならないので、それには不動産屋に情報をもらえるよう手配した方がよいとのことで、知り合いのぞうさんのマークの課長さんに聞いてみた。不動産部門の担当者を紹介してくれた。

 戸建てにするには、分譲住宅の購入と、条件付き土地の購入+指定会社でのプラン設計、そして、条件無しの土地を買って上物はハウスメーカーなどを自分で探す、という3つの選択肢があるとのこと。

 まずは諸費用を含めた全体の費用を決めないとどうにも絞れないとのことで、価格設定をした。その数字で物件情報をもらうことにした。

 私の住まいは相模原市。「さがみっぱら」というだけあって広い平坦地なのだが、実は3段構成になっていて、地価がそれに比例しているそうだ。
JRが走っている付近が一番高い位置にあって、通称一段目。土地区画整理もしてあり、細かい路地なども少なく、駅にも近いとあって価格も一番高い。坪100万以上もザラにある。

 上溝のあたりでぐぐっと下に下がり、また平坦地になっているが、ここが通称二段目。相模線のあたり。相模線自体が単線で不便ということもあり、碁盤の目的な整備も少ないため、価格もだいぶ落ちてくる。

 そして相模川沿いの三段目。田名のあたりかな。ここで3000万もあれば広い土地が手に入るそうだ。

 なるほど~。さすが不動産部門のスペシャリスト。参考になります。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-12-04 22:20 | 家探しの旅

家探しの旅2   

 さてさて、通勤の駅のすぐそばと、家の近くに、大きなマンションが建つことになった。さっそくモデルルームに行ってみた。

 駅のそばのやつは、キッチンにもバスにも窓がない。角部屋であってもだ。中も今の部屋と同じくらいで狭い。即却下。

 もう一つのもやはり窓はなく、広さは若干広いが、ペット可であることで気がすすまない。営業も営業スマイル一つないやる気のなさで早々に帰ってきた。この販売会社は関西系らしいが、部屋を見に行ったのにいきなり打ち合わせスペースに通され、購入時期だの収入だのいろいろ聞き始めたから、「商談に来たわけではない。部屋を見せてはくれないのか」といってやった。これは関西では当たり前なのかね?

 通勤途中の雑誌めくりは日課となり、これまでに相当数の間取り図を見てきた。モデルルームも、上記以外にも数件いったが、窓を必須条件とするなら、やっぱ家だろうということになり、マンションの選択肢はなくなった。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-12-04 22:19 | 家探しの旅

家探しの旅1   

 今、賃貸マンションに住んでいる。広さは63平米。トランクルームと、地下駐車場があるのが非常に便利。

 家族も増えて、新居を考え始めたわけだが、マンションにするか、戸建てにするか・・・。

 今の部屋の難点は、キッチンとバスに窓がないこと。マンションだと仕方がないとはいえ、非常に不便だ。キッチンに日が入らないので、常に電気をつけなきゃならないほど暗い。嫁に暗い穴蔵を主戦場にさせるのは気の毒だ。また、バスもカビが結構すごいので、赤ちゃんによくない。

 とりあえず、キッチンとバスに窓がある物件を、駅に置いてある雑誌『マンションズ』で探した。

 しかし、これがまたなかなか無いのだ。最新のユニットバスなら窓無しでも大丈夫かなと思い、キッチンだけは必要と条件を緩和しても、なかなか見つからない。見つけた数少ない物件も、価格面や広さの点で希望に合うものが無かった。

 うちの近くにできた円柱型のマンションに家族で見に行ってきた。1フロアに2世帯だけの贅沢な作りで、外観が円柱だけあって三面採光。キッチンにもバスにも窓があり、理想の物件だ。

 実際に見た印象は・・・狭い。67平米ということで、実際には今の住まいより広いが、部屋の作りがとにかく狭い。トランクルームが無くなるから、その分の収納のことを考えると、やはり今よりかなり手狭になる感じだ。価格も、リーズナブルにチラシにうたっている価格は1階のみで、上へ行くほど高くなり、実質4000万以上。4000万なら家が建つなぁ・・・。

 結局ここにしなかったわけだが、決断の後押しをしたのが営業のレベルの低さ。

 つい数年前、設計偽装の問題が世間を騒がせたが、そのことを話題にすると、この営業は「大手の○○社だから大丈夫ですよ」と言った。その建設会社ブランドがすでに怪しくなっているニュースが散々流れているのにまだブランドで押すか。

 「そんなに大丈夫なら、もし偽装や手抜き工事が発覚したときは全額返すと契約書に入れられるか?」と迫ると、「補償は法制度の問題だから」と逃げる。

 「売主と買主との契約なんだから、その文言を入れても構わないはず。まして、大手でありインチキしてないなら入れられるだろう?払う必要がもともと無いんだからね」と言ってもダメ。うちはブランド信仰がないので、ここはやめ。電話が何度もかかってきて非常にウザかった。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-12-04 22:18 | 家探しの旅