カテゴリ:マイホームへの道( 21 )   

マイホームへの道1 諸費用   

 土地が決まった。建設会社も決まった。土地は売主直で手数料はかからない。土地+建物で登記費用も安く済むらしい。

 ソニー銀行の担当者から聞いた話だが、実店舗を持たないネット銀行系の場合、土地のみの取得のケースだと、融資が下りないという。それは、その後本当に家を建てるのか、転売目的の土地取得なのか不確定なので、人件費を抑制しているネット銀行では審査にコストをかけられないから一律に切っているみたいだ。

 事実、最初のプランでは土地を買った後にハウスメーカーで建てる考えだったので、それでは融資は不可能と言われた。

 いろいろ調べてみるもんだ。

 さて、まず決めなければならないのが、資金計画。土地+建物の総額+諸費用の全体がいくらくらいになるのかによって、ローンの額をどうするかが決まる。

 SBIは諸費用を除く物件総額の90%までの融資と制限がある。

 建物は総床35坪のプランを死守したい。30坪では狭い。土地は第一種低層で50/80。設計士さんにカッコイイ家をお願いした。妻も、南欧風やらメルヘンチックなどと言い出さず、前に見せてもらったシャープな家がいいと言ってくれ、感性が同じで良かったとホッとした。

 建物の坪単価を聞いていたから概算は出る。でも気になるのが諸費用だ。

 諸費用には

・契約書の印紙代         50000
・ローンの保証料や手数料  600000?
・登記費用            400000
・水道加入金           150000
・都市ガス工事費        315000
・外構工事費           800000
・設計費
・オプション工事費

 などがある。

 契約書は双方で交わすものなので、印紙代は折半か?とも思うが、通常は買主が負担しているという。2通作って双方が持つとなればそれぞれの契約書にそれぞれが印紙を貼るが、通常のパターンだと、買主が原本で、先方はコピーを持つ。であればまあ、印紙代をこっちが負担するのはヘンでもないか。

 ローンの保証料や手数料は、金融機関によって異なる。SBIフラット35は手数料はキャンペーン中なら1.785%とお得だ。ここは保証料がない。
SBIのローンセンターに問い合わせたら、融資実行時にその分を引いて融資されるから、現金を用意しておかなければ金額が不足するとのこと。なるほど。

 水道加入金は、相模原市に3年以上住んでいたら加入金が半額になる、というお得な制度が、H18に廃止になってました・・・。ので、このくらいかかるそうです。

 都市ガスは敷地内までガス管が敷かれてます。図面を見せてもらいました。ここから給湯器などの家の設備まで引かなければなりません。その工事です。

 外構工事は、庭の柵や門扉、カーポートなどの建物の周りの工事は坪単価に入ってないとのこと。別注ですね。

 オプションは、床暖房や小屋裏収納、標準仕様からのアップグレードなどの費用ですね。

 この中で、登記費用というのがある。ネットによると、建物の表示登記は簡単にできるとのこと。数万円の費用が浮くということで、それで嫁にノートPCでも買ってあげようかな。登記に挑戦しようと決めた。

 それにしても、決めること決めていかないと金額出ないぞ~。
[PR]

by cogno_eb2 | 2008-12-05 23:58 | マイホームへの道