カテゴリ:ニュースコラム( 277 )   

聞いてあきれる。民主党が「マニフェスト違反」を謝罪、前原氏が「かねてから公約に違和感」だって。   

本当に情けない話だ。こんなオトナしかこの国にはいないのだろうか。

マニフェスト違反を詫びるとは、すなわち下野することだ。内閣総辞職の末に民主党から首班指名の候補者を出さないことだ。

だってそうだろう?マニフェストとは「政権公約」だ。政権をとったらこれをやります、という約束だ。

だから、かつて民主党がマニフェストを掲げながら政権をとれなかった時「あれは政権公約で、我々は政権をとれなかったからあの約束はおあずけだ」として野党の立場での協力をしなかったことに一定の理解を示したのだ。

今回は政権をとったのだ。でも約束を果たさなかったのだ。下野して当然だろう。それがオトナのケジメってヤツじゃないのか?解散するしないでもめているが、野田さん、本来あなたに道義的な解散権は無いんじゃないの?

その果たされなかった政権公約について、前原氏は今になって「あの公約が作られたとき違和感を感じていた」と言いだし、本を出すらしい。

その責任をすべて離党した小沢氏に押しつけている。

アフォか。

あんたその時党内にいたんだろ?だったらその違和感をその時に表明すればよかったじゃないか。失敗してみて「あの時俺もヤバイと思ってたんだよな」なんていうのは小学生レベルだよ。

前原氏は、「小沢氏が政権をとったら(今はできないこと並べても)なんとかなると思っていたのではないか」というような見識を披露しているみたいだが、その時点で違和感を表明しなかったアンタだって同じじゃないのか?

前原氏の今になって言い出した「違和感」論に、有権者の耳を向かせるには次の二つしか方法はない。

一つは、自分も実は多かれ少なかれ「なんとかなると思っていた」という告白をして自身を責めること。

もう一つは、党内に「違和感」を伝えることすらできない空気が漂っており、党内の意思決定手続は非民主主義的であるという実態暴露の党批判。

このいずれもがない言説は、有権者にとって語るに値しない主張であって、これに私費を投じるバカもいないだろう。

議員センセイがこういうテイタラクであるなら、「国民がワンコインで政党を支える」というフレコミで実施された政党助成金なる税金投入はやめてしまおう。支えるに値しない。高給取りの議員センセイが自分たちで歳費を出し合って党運営すればいいじゃないか。

マニフェスト違反ごめんなさいキャンペーンでTVCMを出すらしいが、この莫大な費用だって税金が投入されているわけでしょ?バカがバカなことをする費用も、結果としてゴメンナサイをいう費用も国民が出すんですか?

この愚かな現状を打破するといっても、我々に用意されている手段は、選挙の時に小さい紙切れを銀の箱に入れるだけ。でもそれすら放棄してしまっては彼らを是認することになる。次の権利行使の機会に、国民の怒りをぶつけてやるしか、我々には方法がないのだ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-11-08 21:30 | ニュースコラム

こうなったら衆参同日選挙の腹をくくれ   

党首会談で解散について何も具体的な話が出なかったようだ。

こうなったら、野党は来夏の衆参同日選挙の腹をくくり、選挙区で民主党候補者が一人残らず落選するほどの圧勝を手にする戦略を立てるべきだ。

国民に現政権の実態を懇切丁寧に説明すれば、いかにひどいかはすぐに理解してもらえるだろう。問題は、「では、それに代わる信頼できる政党や人物がいるのか?」ということになるだろう。

そこで、野党側はどれだけ自分たちが信頼に足るのかの説明が必要になるが、残り8ヶ月強の間、将来の国家像を示し、しっかりした政策を打ち立て、官僚側をどうやって制御するのか、約束を違えた場合はどう責任をとるのか、説明を尽くす。

政権のネガティブキャンペーンを張ったところで自分の勢力へ票を引き寄せることは難しいと現状を直視し、残り期間をしっかりと国民と向き合い、小選挙区全敗という再起できない結果を出すことに舵を切った方が良い。

今後成立させる法案は全て付帯事項を付けて、政権交代後の政権がすべてやり直す余地を確保し、残り8ヶ月強で日本が沈没しないよう最低限の水準は維持しつつ、民主党が崩壊した暁には一気に日本再生へとばく進する・・・。そのくらいのプランを打ち立てて、国民に徐々に浸透すればさすがの民主党も「政権にしがみつく期間が長ければ長いほどヤバイ」と考えるだろう。

労組票などの組織票が入って比例候補が当選してしまうのは口惜しいが、小選挙区で全敗させれば二度と立ち直れまい。野党は本腰入れて真の民主主義のシステム構築に残り期間を使うべきだ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-10-20 01:55 | ニュースコラム

枝野大臣のミソもクソも一緒   

来年1月から、復興増税と称して所得税や住民税が増税となることをご存じだろうか。

これは、文字どおり、東日本大震災の復興のために国民全員が負担する税であり、所得税は25年間、住民税は10年間の増税だ。

その目的から「復興のためなら」と理解を示す国民も多いと思われるが、その使い道がまったくのデタラメになりそうなことが、なんと初年度の予算編成の段階で露呈している。

つまり、復興とは関係ないものを復興予算に潜り込ませている、ということだ。

この「流用」問題が参院決算委員会で指摘された枝野経済産業大臣が「あのー、ミソもクソも一緒にした議論はやめていただきたい」という下品な言葉で反論したことが問題となっている。

枝野大臣はこのように激高して、「そもそも復興予算を被災地限定ではなく日本全国で使えるように変えてしまったのは自民・公明だ」と受け取れる発言をし、民主党の蓮舫氏は政府への質問者の立場にも関わらず、より明確に「自民・公明のせいだ」と主張したそうだ。

枝野大臣の認識は明らかに誤りである。復興増税については、「復興予算を被災地限定で使うべきか否か」の問題と、「復興予算を復興以外の事業に投じても良いかどうか」の問題の二つがあるわけだが、質問者の自民党の森雅子氏が、今年度補正予算の使い道について、地元・福島の企業向け立地補助金が不足している、すなわち、復興に当てられるべき予算がほかへ流用されていることを厳しく指摘した際に、「復興予算を全国で使えるようにしたのは自民・公明だ」と主張したことになる。

流用が問題だと言っている。復興予算に、全く関係ない事業が計上されて良いはずがない。

枝野大臣は、当初の目的から広げて日本全国で使える財布になってしまったのだから、なんでも計上して良い、と思っていたところに自民党から流用が指摘されて激高した、ということにならないか。

流用はどう考えてもダメである。でも大臣が自民・公明のせいにしつつ「使ってよい」と認識してたなら、そりゃ、政治主導で官僚を押さえ込むことはできまい。官僚のトップである大臣がそういう認識なのだから。

今や忘れ去られた民主党のマニフェストには、政治主導がキーワードだったのではなかったか。事業仕分けというパフォーマンス大会では、枝野氏も蓮舫氏も官僚たちをズバズバ斬ってたのに、今やこのとおり情けない姿をさらしている。蓮舫はともかく、枝野はまだましかなと思っていたのに。彼の言葉を借りるなら、みそくそ一緒の民主党にあって、まだ味噌的な人物かと思ってたのだが、どうやらそうでもないらしい。

官僚は、システム上のスキを見つけてどんどん入り込んでいく。今回の流用問題で言えば、復興と関係ない事業が一般会計予算で計上できなかったら、事業をスクラップアンドビルドするのではなく、復興予算を狙って「いかに復興に関係する事業であるか」の説明を一生懸命考える集団だ。

その特質を前提にしているから「政治主導」だと旗を掲げたのではなかったか。

官僚が「国民は復興のためになるならと忍従してくれているからその思いに応えなくては」なんて思わない集団だ。それを胸に抱いて仕事をするのは政治家だろう。そしてその思いを汲まない官僚をコントロールするのが政治家だろう。

それができない政権に来年度予算編成を任せられない。増税論議も白紙に戻した上で国民の信を問うて貰いたいものだ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-10-19 12:16 | ニュースコラム

総裁選挙に飽き飽き   

自民党の総裁選挙に民主党の代表選、どっちにも飽き飽きだ。

国民不在で権力闘争。こんな馬鹿な「上司」の元で働けば、国の官僚たちが、面従腹背で大臣たちの決をとり、自分たちの裁量権限で実質的な権力を振るおうとするのは不可避のことだろうと思えてくる。

国をダメにしているのは、我々の代表であるダメな大人たちだということを明示しているのがこの総裁選挙と代表選だろう。

そんなことしている余裕などないはずなのに。解散の前にやるべきことがあるというのが代表選というのが本音だったのか?

消費税増税法の成立って一体なんだったんだろう。

景気回復を待って増税だったはずが、野田は代表選の討論で法が成立したから14年に上がりますなんて言うし、社会保障のために使うと言っているのに、官僚たちは概算要求で馬鹿みたいな額を計上して増収分の分捕り合戦になっているし。

閉塞感漂ってる。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-09-14 15:20 | ニュースコラム

大阪維新、国政進出で日本維新の会   

大阪維新が国政進出。

名は日本維新の会だそうだ。

大阪で維新を成し遂げてからにしろ。

大阪で何ができた?

そんな人たちに国政で何ができる?
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-09-08 21:26 | ニュースコラム

今度は児童手当の5割増し? あきれる民主党マニフェスト素案   

この人たちの頭はやっぱりおかしい。

マニフェスト素案で児童手当の5割増しを打ち出そうとしているらしい。

現行1万円が1万5千円、というわけだ。

まてまて。あんたら2万6千円給付すると約束してただの1回も実現できなかったんだぞ。

マニフェストの撤回はしない、というなら、児童手当を2万6千円に引き上げ、と書くのがスジってもんでしょ。

次の選挙では、できなかったことをすべて総括しないと、まさに「やるやる詐欺」だったということになる。

約束したことが結果としてできなかった=下野、というルールが確立されないかぎり、マニフェストなんて意味がなくなる。だって、これって政権公約だよ。政権に就いたらやりますっていう約束だよ。

それをうやむやにするなら、もう二度と「マニフェスト」という言葉は使わないでほしい。

せっかく早稲田の北川さんがローカルマニフェスト運動を盛り上げて一定の流れを作り始めたときに、民主党が完全に崩壊に追いやるなんて本当に酷なことだ。

国民はもう、何を信じて投票先を選べばいいのだろうか・・・。「マニフェスト」ではないことは明らかである。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-09-06 22:00 | ニュースコラム

この馬鹿馬鹿しい政治はいつまでも続くのか?   

民主党政権が誕生してから「ワンフレーズ」もしくは「ショートフレーズ」のポリティクス(=一つのフレーズのみ耳にすれば正しいような気になる)になってしまったと以前指摘したが、消費税の増税は「決められない政治の脱却・決められる政治へ」ということだったそうだ。

アホか。

公約として掲げた数々の目玉政策を「決める」ことでそれを果たすべきで、なぜ唐突に消費税増税を言いだし、「誰もが避けて通る懸案を片付けてやった」と胸を張っているのか、理解に苦しむ。

というか、理解できない。

 三党合意に乗っかった自民・公明も、明らかに戦略ミスだった。消費税増税の法案を通すことに「合意」すべきではなかった。国会の審議の外で機関合意をして党議拘束、というのでは、談合だの野合だのという批判はどうやったってかわせまい。

 「合意」すべきは、
・消費税増税を次の総選挙の争点とすること
・選挙選では社会保障と税の将来ビジョンを必ず示し国民の審判を仰ぐ
・そのビジョンを示して多数派を構成した暁には、その内閣が国民の意思に基づき法及び制度整備を行い、他の勢力はそれに協力すること

このあたりの合意だろう。

それを「法案を成立させること」に合意してしまったのだからどうしようもない。

野田は法案を成立させることに政治生命をかけるなどと強硬論を突っ走ってしまったから、他の勢力は「どうせ次の選挙で民主はもたないから、ここで法案を成立させても次に多数派を形成すれば問題ない。法案の成立と解散が引き替えなら結果は同じ」と判断したのだろう。

法律の成否を政局の目線で判断するとは何事か!まったくもって情けない。

消費増税を非難している問責決議案に賛成して国会を事実上休会させ、やっていることといえば国民不在の総裁選挙。しらけるしらける。

こんな連中に年収2千数百万に諸手当、そして億単位の政党助成金。必要か?

政治家の給与レベルを、普通公務員と同じ人事院勧告の対象として、民間給与レベルに引き下げたらどうか。それでも(=儲からなくても=特別待遇なくても)公僕としてやるという志の高い人間のみで組織したらどうか。

政党転がしで億単位の資産を手に出来る制度はやめるべきだ。

それにしても、この馬鹿馬鹿しい政治はいつまでも続くのだろうか。維新の会という素人集団が席巻するのだろうか。また自ら言ったことができずに終わっていくのだろうか。

維新の国政進出なんてありえない。知事と市長が同じ勢力の代表と幹事長というこれまでになかった状態になったのだから、大阪を改革しきって成果を示し、その上で「この先は法制度を変えないとできない」とその意義を具体的に示してから国政だろう。

維新よ。やるべきことを先にやれ。

とどのつまりは、政治を変えるのは有権者が変わること。そして、有権者に近い、有権者のコントロールがある程度効く政党が多数を占めること。そうしないと有権者は「ワンフレーズ・ポリティクス」で狐につままれながらそんな気になって道を誤ってしまうだろう。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-09-05 22:32 | ニュースコラム

いじめ自殺問題について思う   

いじめ自殺のニュースを耳にするたびに、心が動揺します。

子を持つ親として、子どもが集団暴行や自殺の練習など、そんな悲惨な時間を送っていたと思うと、いたたまれなくなります。

それに輪をかけて、担任に訴えても、警察に訴えても誰も相手にしてくれなかった、というのが事実なら、怒りで震える。

自殺といういたたまれないニュースが流れるとき、こういう時は決まって担任、校長の学校側も、教育委員会側も、「いじめは無かった」とか、「いじめが自殺の原因とはいえない」といって逃げる。こんなアホなことがまかりとおるなら、教育委員会なんて不要だ。

自分の子は自分で守る。いじめがあるなら私はモンスターペアレンツにだってなんだってなる。あるいは、そんな学校に大切なわが子を預けない。

これからうちの子が大きくなって学校に通うことになったら、いじめは絶対悪だと教えていこう。

見て見ぬふりも同じくらい悪だと教えていこう。

何よりも、人をいじめるという劣悪な生命を持たないように、家庭でのふれあいを大切にしていこう、と思う。

人を助けて自分がやられたら、そんな学校やめさせる。そんな時間を我慢して過ごすことなどないからだ。

義務教育の現場であれば、教育レベルや教師の質は、公的に保証してもらわなければ納得がいかない。学区の学校がひどい状態だからカネかけて私立に入れる、という選択をしなければならないほど「入れたくない」学校を、公的に運営する必要はない。税金使ってそんなバカ教師どもを雇うなんてあり得ないだろう。

少なくとも、入れる側が入れる学校を選択できるようにすべきだ。ひどい学校は生徒も集まらず、淘汰される、生徒を集めたければ教師の質も含めて学校側が工夫しないと生き残れない、という仕組みを考えた方がよい。すでに学校選択制を導入しているところでは、いじめの問題はどうなっているのだろうか・・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-07-17 20:51 | ニュースコラム

小沢氏離党 え?今じゃないの?   

小沢氏が消費税法案を参院で採決したら離党すると言っているそうだ。

え?今じゃないの?というのが感想。

衆院で採決したというのはかなり大きいでしょ。離党は参院の採決まで待つの?

参院で撤回するワケないじゃん。ってことは離党するぞっていう脅しをかけているのと同じだよね?

今すぐでない場合、郎党どもはどうなるのかな・・・。

でも知ったこっちゃないな・・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-06-29 04:54 | ニュースコラム

いよいよ消費税増税法案採決へ   

政局なんかどうでもいい。

今報道されているのは民主党のお家騒動の話ばかり。造反で処分されるのかどうかなんて、報道する順序としては二の次以下だろう。

消費税増税の前にやるべきことがある。小沢一派の主張だ。

もちろんそうだ。

しかし、その「やるべき」のメニューの中に、政権交代によって歳出拡大した部分を元に戻す、という話がない。

権力ほしさに、財源の裏打ちもないのにばらまくだけばらまいて、歳出拡大し放題で「このままでは国が危機だから税金あげます」「不退転です。政治生命賭けます」「心から×3お願いします」なんてよく言えたものだ。

マニフェストは税源と実施までの期限を示したもの。事業仕分けで6000億しか出なかった時点で破綻している。

野田総理は、前回の選挙でマニフェスト作ったのは国の危機を知らなかった奴らだ、とか、知っててあいつらは隠していたんだ、とか言って、あいつらと私たち憂国の士とは違うんだとか言って、マニフェストを撤回し、代わりに謝るならまだわかる。

民主党も烏合の衆でアオかったから勘弁してくれと、過去の総括をしたうえで仕切り直すならまだわかる。

民主党の勢力維持のために、これまでのことを完全にタナにあげて未来志向、というのはこっちから勘弁願いたい。

消費税問題は避けて通れない国の危機、というのが国民の共通認識になったとしても、過去の総括ができない政党に未来を任せるかどうかは別問題だ。

だから、次の選挙は消費税の国民投票ではない。

この国の明日を任せるのにふさわしい勢力を選ぶ選挙だ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-06-25 22:20 | ニュースコラム