カテゴリ:ニュースコラム( 277 )   

失跡44年、拉致の疑い…母の遺志継ぎ兄捜す妹   

失跡44年、拉致の疑い…母の遺志継ぎ兄捜す妹(読売新聞)

 私は北陸出身で、私が幼少のころに私の生活圏内で拉致未遂事件がおきていた。それを知ったのはごく最近のことだが、以来私は拉致事件関連のニュースを見ると人ごととは思えず、激しい憤りを感じる。

 北朝鮮が拉致事件を認め、マンギョンボン号が工作船の役割を担っていた疑いが強くなっても、依然として人道船を装って入港していることに、拉致被害の当事者でなくとも大いに疑問に感じたことだろう。

 この一年で政府がとった対応といえば、PSCの徹底があった。しかしPSCの徹底は決定打とならず、我々が過剰な期待を寄せていたことを気づかされた。これは、北に対して当然行っていなくてはならないことを今になってようやく実施するに至った程度の意義として捉えることになろう。朝銀の問題や北関連団体への課税の問題などを鑑みると、日本国家として当然実施しておくべきことが野放しになっていることがまだまだあるのではないか。

参考に、この本を読んでみると良い。

 そして独自の経済制裁を可能とする法案が成立した。外為法改正である。
 
 外為法改正に反対する勢力は、外為法改正=即経済制裁と考えがちで、経済制裁の是非を論じていながら法改正に反対している。この視点には外為法改正が外交カードであるという視点が抜けている。経済制裁をすることを国会で決めたわけではない。

 したがって「日本単独の経済制裁には意味が無い」「経済制裁では独裁者はびくともしない」「一般市民を犠牲にする」という、経済制裁そのものの有効性を論ずることと、法改正による外交カードの整備とは議論を分けるべきだ。

 それは、これまであってしかるべき外交カードすら持ち合わせていなかったという事実に立脚すれば、法整備として当然の処置だったと私は考える。もちろん、発動するか否かの判断の際には、有効性を詳細に分析しなくてはならないことは、言うまでも無い。

 一方で、拉致被害の当事者の気持ちに立てば、それが問題の進展に有効な手段であるなら「今すぐにでも発動してほしい」という気持ちは痛いほどわかる。6カ国協議では弱腰外交を強いられ、二国間協議は進展が無く、拉致という犯罪を犯した国家が自国民を自ら飢えさせながら問題解決との引き換えに経済援助を要求する・・。

 さきの読売新聞の記事などを読むと、私も胸がつまるが、世論が冷静にならなくては問題を見誤る気がする。それには、我々が情報の断片に一喜一憂することなく、冷静に、視野を広く、情報を横断的に集めて考えていくことが必要だと思う。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-03-23 20:33 | ニュースコラム

神奈川県議会で議員のボーナスアップ   

神奈川県議会で予算が審議されているらしい。

 だいぶ前の話になりますが、私のHPで神奈川県議会がこれまでカットしてきた議員のボーナスを、元に戻すというニュースを取り上げました。また同時に「凍結していた海外視察を復活させる」というニュースもとりあげました。おそらく、それらが今回の議会で決まるのでしょう。

 ここで問題を振り返っておきましょう。

神奈川新聞WEB版 (04.1.3)

「03年度は、議員一人当たりの期末手当支給額約512万円(年額)のうち102万円を削減して支給。総額では約5億4500万円のうち1億900万円がカットされた。月々の報酬(97万円)は規定通り受け取っている。」


 この議会で決まれば、議員さんは晴れて満額の給料をもらえるわけです。厳しい厳しいといっている財政にあって1億900万円を増加させるとは、どういうやりくりで可能になるのだろう・・・。議員は実際にやりくりなどしないから、役人はさぞかし大変だろう。そしてなによりも、そのあおりをくった形で、これまで受けていたサービスが無くなるということになれば、結局痛むのは我々市民じゃないの?共有する痛みなら耐える。でも、一方でおいしい人がいるのなら、絶対にゴメンだ。

 各党のコメントを載せておきます。

「与党第一党・民主刷新の内田晃団長は「カット開始から五年の節目に、一度元に戻して景気の動向を見極めたい」などと説明。」


 はぁ?景気の動向を見るのになぜ元に戻して(=実質の歳出増)見極めるのか?何を見極めるのか?厳しい県財政のなかで人件費の歳出増をしなければ見極められないのか?何を言っているのかさっぱりわからない。

「公明党の金子武雄団長は「現在の支給額では厳しい。特に若手議員の中に『元通りにしてほしい』という声が強かった」と語った。」


 議員の政治活動の収支がどうなっているのか、すべてオープンにしてもらわなければ、本当に足りないのかどうか我々市民には分からない。まずは包み隠さずオープンにすることが先だ。そして理解を得るという手順が必要ではないか。

「野党第一党・自民党の松田良昭団長は「岡崎前知事からは(議会に対して)協力要請があったが、松沢知事からは何も依頼されていない」


 これも理解不能。財政難の実情を知っているのなら、議員自ら返上すべきところを、「新知事から協力要請がないからうちきる」というのは愚かすぎる言い訳だ。この発言には知事も苦言を呈しているそうだ。

 ここからは、凍結していた海外視察の話。↓

神奈川新聞(2004/1/23)によれば、

自民党県議団の松田良昭団長は「近年、BSEや新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)など、県政にも直結する国際的な問題が増えている。公務として訪問すれば要人にも会え、調査の範囲が広がる」と説明。  

 民主・刷新の内田晃団長も「いつでも派遣できる体制を整えておく必要がある。実地調査の結果が県政に反映できれば、県民の利益になる」と話している。


ということらしい。

 県政の課題として、BSE対策でアメリカ本土まで視察に行ってはじめて実行可能になる政策などあるのか。SARSにしてもしかり。県政でできることの範疇にBSEやSARSの現地調査を必要とする施策など全くないと私は考える。具体的に言えば、厚生労働省などの対応を待つことなく、県条例を可決し、神奈川県下に独自の対策を敷くという積極的な施策の可能性があるのかどうかということだ。

 しかも、神奈川県は1000億もの赤字を出している団体だ。これまでは

「一人あたり一回につき140万円が上限で、凍結前は、毎年30人程度が行けるよう、年間約4000~5000万円が予算化」

されていたらしいが、そんな余裕があるのか。
また
「原則として、4年間の任期中に各議員が一回、アメリカ、イギリス、ドイツ、中国などを訪れていた」

と記事にはあるが、要するに、議員になったら任期中に1回140万で海外旅行ができる特権ということではないか。どんな理由を並べようが、無駄以外の何ものでもない。

 また記事には
「主要会派の議員は「財政難だから議員の調査権が縛られるというのはおかしい」
「批判を恐れて議員活動を封じるのは県民にとってマイナスだ」と反論している。」


 とあるが、今度は逆ギレですか。だれが議員の調査権を縛るといっている?視察に行けなくて議員活動が封じられているというなら、過去に視察によって実現できた施策を挙げてみなさい。いくつありますか?

 記事には議員の本音も書かれている。

「今後の議会運営を考えれば、松沢知事は議会に対し強い態度を示せないはず。『既得権を主張するなら今がチャンス』という判断もある。財政再建が看板だった岡崎・前知事時代にはとても言い出せなかった」


 結局そういうことだ。このような弱腰の知事を選んだのも県民有権者。既得権益の復活をねらう強欲な議員を選んだのも県民有権者。我々の税金がこんな理不尽な形で消化されてしまうなんて・・結局我々に返ってきてしまっている。

 以上が過去にとりあげた問題です。まさに今、議会では予算審議がなされようとしています。会派の多数がこの二点を賛成しているようなので、おそらくそのまま成立するでしょう。

 議員は有権者の代表者だと言われていますが、代弁者ではありませんね。愚か者に権力を与えてはいけません。

 今度機会があったら社会学上の論点から整理してみたいと思います。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-03-22 20:46 | ニュースコラム

花粉症   

花粉が観測史上最小

 確かに今年は楽だった。ボクは発症して6年くらいになるけど、今年は薬を飲まなくても大丈夫だったし、ずいぶん助かった。いつもなら市販の薬の場合は1日3回で薬の切れ目が鼻水で分かるほど。だら~っと落ちてくるんですね。「あ、切れたな」とわかります。

 でも、今年はほんとに楽だった。一瞬「直ったのかな?」と思い、その理由をいろいろと考えてみました。

 だまされて飲むようになったカテキン茶。CMやってるやつでコンビニ限定のやつ。これを3ヶ月くらい飲みつづけた。花粉症対策にカテキンも効果があると何かで読んだけど、ひょっとしてそれ?

 あるいはここ一年くらい毎朝食べているカスピ海ヨーグルト。

 あとはあまり変わったことしてないので、例年と違ったことといえばこの二つ。

 ヨーグルトは好きで今後もずっと続けるけど、花粉症対策にカテキン茶が本当に効いているのなら、脂肪は減らなかったけど、再度お茶飲むかな~と思ってたら、この記事に「例年より少ない」と。やっぱ単に少なかっただけですか!

 天気予報ならぬ花粉予報では確かにブルーの表示で「少ない」となっていました・・。少なかっただけ?それにしては例年とかわらずグズグズきていた人もいたけど・・。

 来年また苦しい季節がくるの?

 だったら海の家が悲鳴をあげようとも次の夏は断然冷夏で、果物農家が恨めしそうに空を見上げても日照時間は極端に少なく、大好きなみかんがちょっと甘くなくても、花粉症グッズメーカーになきが入ってもかまわない。次の一年は花粉が飛ばない気象条件がそろってくれ!

 マジ、つらいんです。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-03-22 20:17 | ニュースコラム

文春またもや敗北   

<週刊文春>異議退け、販売差し止め支持-毎日新聞-

 文春問題で東京地裁が保全異議を却下した。当然だと思う。

 今回の問題で注意しなくてはならないことは、損害賠償などの事後の処置ではなく、発売を禁止する事前の処置であることだ。

 事前の処置ということであれば、中には「検閲だ!」とか古い表現を使って、さも公権力に介入されたと騒ぐ輩が出てくるが(どうせ三流出版社の連中くらい)、事前処置の法律論上の争いは専門家に任せるとして、ただ単純に、

「プライバシーの尊重もできない記事を書かなきゃいいじゃん。」

と言ってやりたい。報道倫理から逸脱した記事はもはや言論の暴力と化していることを彼らにわからせるためにも、ここできっちりとした裁判所の判断が下ることは望ましいことだ。

 事後の措置としては損害賠償の金額をアメリカ並みに引き上げること。つまりは下手な記事を書いたら莫大な負債を抱えるという抑止力となる金額を設定すること。

 さらには、訴訟の対象を記事を書いた記者、編集長、そして出版社の三者とすることができれば、かなりの抑止力になると思う。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-03-20 10:39 | ニュースコラム

またタレント候補ですか。   

 民主党が女性タレントの蓮舫さん(36)を参院選で擁立するらしい(共同通信)

 民主党も自民党も、選挙のときは必ずタレント候補を立てて集票にやっきになるが、プロレスラーやタレントが候補者になったからといって投票する有権者も愚かだ。

 民主党は大橋巨泉の「議会は想像していたところと違っていた」という身勝手な辞任劇を教訓にできていないようだ。女性票を取り込むことに必死のようだが、こんな小手先の策で女性から評価されると考えていることは浅はかだ。

 私は議員の資質として法律系の資格(弁護士や検事など)や博士号(少なくとも修士号)はあってもらいたいと思う。それだけの訓練を受けてきたという証であるから。立法府に野球選手やプロレスラーにタレントなんぞがいっても、できることなどないだろう。委員長を体を張って守る大仁田を見ていればわかる。そのくらいの存在だと。自民党が彼に議員立法を期待していると思う?

 いったん選挙民によって選ばれたなら、任期中にとにかく必死に資質を向上させるように努力してもらいたいが、そもそも、我々の税金で無学の連中を勉強させてやることなどないのだ。資質の高い人物を送り込んで、即戦力となってもらわないといけないのだから。

 時間があったら、各党の議員や候補者の資質一覧でも作ろうかなぁ。俺的にはやっぱ法律系資格の議員が多いところを応援したいな。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-03-19 14:37 | ニュースコラム

言いたい放題には厳罰を   

 週刊文春事件ですが、裁判所の差し止めの判断をめぐって、いろんな人がいろんなことを言ってますね。さんが非常にすっきりとしたコラムを載せてられます。私もちょっとこの話題に乗っかってみようと思います。

 「あな、いみじ」のhiro0919e さんも言ってられるように、出版社は「言論の自由」をたてに、何を言ってもよいかというと、「そうだ!」と言う人はいないでしょう。でも、裁判沙汰になるような記事を載せて「言論の自由」と逆ギレする人たちは、間違いなく我々にはないインフラを持ち、書いて発行して全国にばら撒くという非常に強い手段を持っている。こういう強い手段をもっている人たちに限って「言論の自由」を振りかざす傾向にあります。

 今回問題となっている週刊文春や週刊新潮などの週刊誌や、夕刊フジや日刊ゲンダイなどのタブロイド紙などは、「書きたてて売っちゃったもん勝ち」の部類のメディアです。このレベルのメディアの人たちは、「記事が事実かどうかは関係ない」人ともいえます。売れれば良い。名誉毀損の損害賠償だって最近ようやく金額が上がって数百万になったとはいえ、1冊400円として50万部売れたら2億円の売上。その中から300万円払ったとしても痛くも痒くもない。

 なので、hiro0919e さんが言うとおりで、「馬鹿な雑誌は買わなきゃいい」のです。帰りの電車で差し止め食らった週刊文春を熱心に読んでいる中年男性がいましたが、買わなきゃいいんですよね・・。我々市民が賢くなればいいんです。事実が全体の数パーセントも含まれているかどうかわからないものに、なんでカネを出すのか私には理解できませんが、買う人っていうのは、事実かどうかなんか関係ないんでしょうね。ホントじゃないかもしれないけど「へぇ~」って好奇心が満たされればいいんでしょう。

 こんな馬鹿な雑誌のたぐいが売れなくなるような賢い市民が社会を形成するような時代は残念ながらまだまだ先のような気もしますが、では、そんな雑誌が売れなくなって自然淘汰されるような社会がくる前までは、馬鹿な出版社は書きたい放題垂れ流していいのかということになりますよね。

 今回の文春の問題は「プライバシーの侵害」と「言論の自由」という問題。私は記事そのものを見てはいないので直接言及することはできませんが、低俗なメディアたちはプライバシーの問題など「当然の常識」の部分を持ち合わせていないのに、権力の介入があると騒ぎ立てる。

 我々一市民にとってみれば、雑誌を発行して全国にばら撒く手段をもちえている出版社は、もちろん公権力ではないけれども、おおいにPOWERとして映る存在です。報道倫理を持ち合わせていないメディアの前では、我々のような存在など、微々たる存在でしょう。

 自分の私生活が暴かれて、全国に自分を知らない人はいないくらい報道されて、しかもその伝え方に悪意が混じっていたら、その雑誌に謝罪広告が載り、損害賠償で数百万もらっても、それがいったい何の解決になるでしょう。メディアは普通の市民をとりあげても売れないから有名人やその関係者をネタにするだけのこと。もしその矛先が自分に向いたら・・・。そりゃやっぱり差し止めしたいでしょ?

 今回の問題のように、発売前の差し止めが妥当かどうかといった法律論上の問題はちょっと難しくて分からないけど、有名人であろうとそうでなかろうと、いったん事実と異なる報道、事実無根の悪意の報道があったときに、その代償としてものすごく厳しい判決が下りるようにしないといけないと思う。損害賠償がアメリカのように億単位になるとか、誰もがわかる方法で出版社の瑕疵をさらしたり、報道機関をPOWERの主体者として位置付けて報道機関の言論の暴力を許さない体制を作る必要があると思う。

 発売前などの事前の処置は大変難しい問題を含むので、まずは事後の処置を厳しくすることで、抑止力となるようにしなくてはならないのではないだろうか。2億売って数百万の賠償では抑止力になっているはずないでしょ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-03-18 14:34 | ニュースコラム

さぁ、これから   

 今話題のブログをやってみることにしました。今日までの記事はテストでアップしています。本格運用はもう少し先でしょうか。
 

 もともとはインフォシークでHPを運営していました(→The GLPC)。で、そのHPのコンテンツのうち、ダイアリー関連をブログで作ろうと思ってます。


 ブログをはじめようと思ったきっかけはやっぱりトラックバックのシステムですね。うちのHPは完全個人HPなので、たくさんの人に情報発信したくても、認知度が上がらないとなかなか入ってきてもらえない。入場者のほとんどをグーグルに頼っていたんですけど、一時は一日100ページビューを越すくらいまでいったんですが、1月中旬にウチのHPへのグーグルの評価が変わったらしく、これまでヒットしていたキーワードで表示順位がかなり下のほう&表示されなくなったページ続出です。

 で、新しい試みでブログをやってみようかと。まだまだ初心者なので、少しずつ充実させていきますね。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-03-18 12:31 | ニュースコラム