カテゴリ:雑記(日記?)( 193 )   

スーパーピカピカレイン(5) 洗車がらくらくでびっくり   

スーパーピカピカレインが、塗ればぴかぴかになることは公式HPを見れば誰もがわかることだが、問題は汚れ落としが楽かどうかです。

結論は、超楽々である。水をかければ汚れが落ちる、というのは決して誇大広告ではないですね。実際にやってみました。

これは、車に大敵の「パラパラ雨」のあとの様子。

a0009333_965984.jpg


a0009333_971292.jpg


雨がぱらっときただけではやはりこうなってしまいます。これは仕方ない。

では、これは水をかけただけで落ちるのか?スーパーピカピカレインを買った理由は、まさに水で汚れが落とせるかどうかということ。

撥水コートでは結局洗剤で洗わなければならなかったが、スーパーピカピカレインでコートした後では、泥はねなどはそもそもつきにくくなっただけでなく、水をかけただけで薄い汚れもばっちり落ちました!

a0009333_9104653.jpg


これはすごいです。水でおとしてあとはその水をふき取るだけ。

洗車がとにかく超楽々になるすんごいコート剤です。

完全にオススメです。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-05-26 09:12 | 雑記(日記?)

スーパーピカピカレイン(4) これはすごい 泥跳ねなし   

今日、雨が降りました。スーパーピカピカレインの効果は?

夜なので写真は撮れませんでしたが、いつもの泥跳ねが一切ついていないことを確認!

毎日幼稚園への送迎で車を使っているのですが、幼稚園の駐車場は舗装のない土の駐車場。

そこへ車を入れると必ず前輪の周りに泥跳ねがつきます。ひどいときはフロントドアのあたりにすーっと筋がついていることも。

しかぁーし!スーパーピカピカレインを塗って同じ場所を走っても、泥跳ねが全くありません。

これはすごい。

ポリマー加工の時は、舗装道路にたまっている汚れた水を巻き上げてフロントとリアのドアの下半分くらいが汚れの混じった水にまみれてそれがうっすらと汚れとして付着したものですが、それも一切無し。

これはすごいです。

明日は雨が上がるので、朝その姿を再度確認しようと思います。

間違いなくおすすめですね。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-05-22 22:03 | 雑記(日記?)

スーパーピカピカレイン(3) まるで鏡みたい   

一夜あけました。果たしてスーパーピカピカレインの効果は?

a0009333_1042049.jpg


写真がちょっとわかりにくいかもしれませんが、とにかく、ぴっかぴか。景色が窓ガラスとほぼ同等に映りこんでいます。これはすごい。最初からこのアングルの写真にすべきでしたね(汗)

これまで鏡面ワックスなどいろいろ使ってきましたが、同等以下の作業量でここまでピカピカになるのは初めて。3年間ノーワックス、というフレーズが本当だったら、8500円(送料込み)は安い買い物です。

溶剤の残量がわずかだったので、4本のホイルに塗ってみました。ちょっとだけ足りなかった感がありますが、4本に塗り終えました。ここで完全に空っぽに。ミニバンクラスなら1本でちょうどの量ですね。

今週の中ごろには関東で雨の予報なので、スーパーピカピカレインの効果はそのときにレポートします。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-05-20 10:11 | 雑記(日記?)

スーパーピカピカレイン(2) 使ってみた   

いよいよ、スーパーピカピカレインを使ってみることにした。

まずは洗車。汚れをきれいに落とさなくては。

雨に三回ほど降られた後のボンネット。撥水処理してあるのに、結局この状態。
a0009333_2251465.jpg


まずはこれをきれいに落とす。

今使っているのはワックスインなので、ワックスの入っていないシャンプーを購入。古いワックスも落とすと書いてあったので、とりあえずカーメイト(CARMATE) 本当によく落ちる水アカシャンプー ダーク&メタリック車用にした。

汚れがついているのでゴシゴシせず、まずはそっと汚れを落とし、そのあとゴシゴシで、結果的に二度洗いすることに。

a0009333_22153281.jpg


ここまできれいになりました。

さて、ここで登場するのがスーパーピカピカレイン

箱を開けると思ってた以上に小さいビン。1台分としか書いてなくて、ワンボックスでも足りるのか?と少々不安に。

a0009333_10131763.jpg


いざ、開封。付属のスポンジにつけて薄くのばせとある。

スポンジに5・6滴つけてやってみた。

使用感は液体ワックスといった感じで、スーッとのびてかなり楽々。

説明書には、すぐ拭き取れと書いてあるのだが、ワックスのように白く乾かないのでいつが拭き時なのか正直不安だ。とりあえず、ボンネットを終えて、フロントドア一枚分まで作業を終えた時点でボンネットを拭いてみた。

なんだか単に拭き取ってる感じ。ほんとにガラス膜とやらは残っているのだろうか?

リアドアの作業を終えてさっき作業したフロントドアを拭き取る。

この要領で、屋根を残してすべて作業を終える。この時点で溶剤の残りは約半分。いいペースだ。

結果はこれ。詳細は次のレポートで。
a0009333_245450.jpg

[PR]

by cogno_eb2 | 2012-05-19 22:24 | 雑記(日記?)

スーパーピカピカレイン(1)   

新しい車になって日曜日の日課が一つ増えました。それは、洗車。

ガソリンスタンドの洗車機に突っ込む気になれず、自分で洗車してます。

ホントは納車の間もない時に業者に頼んでコーティング処理するのが一番いいのでしょうが、費用的にも限界で(そういうの高いからネ)、ポリマー系のカーシャンプー&ワックスという一般的なやり方でやってます。

ポリマー系のやっかいな点は、雨を水玉にしてくれるところまではいいのですが、それが蒸発すると汚れになってしまい、水をかけても落ちず、結局もう一度洗剤で洗車しなければならないということ。水でさらっと汚れが落ちるなんていう魔法のコーティングはないものか?

前の車は白で、業務用ポリマーワックスなんかをかけて丁寧にやってたんですけど、ワンボックスになると洗うだけでも一時間かかるし、色も黒になったので、ぱらっとくる雨でもすぐ汚れになってしまう。

なんかないかとネットで探したら、スーパーピカピカレインというのがどうもよさそう。プラ系容器に入っているのはダメで、ビン入りがいいのだといかいろいろ書いてある。ほんとかどうかわからないが、8000円程度で自分でできて、3年くらいもつっていうんだから、なかなかいいじゃない。それに、汚れは水で落とせるっていうのも魅力。

今使っているカーシャンプー&ワックスは800円くらいで、週1回・毎週洗車でもう残り少なくなってきたから、たぶんこの勢いだと年間10本以上は使うだろう。ひとまずスーパーピカピカレインを買うことにした。

後日、使用感をレポートします。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-05-15 06:10 | 雑記(日記?)

富山地方鉄道の旅 映画「RAILWAYS」の舞台   

 映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の舞台となった富山地方鉄道。うちの子が電車大好きなので、まだ乗ったことのない地鉄に乗せることにしました。

 富山の人は地鉄というと白のボディにグレーと赤のラインの電車を真っ先に思い浮かべると思いますが、地元では「ダイコン電車」と呼ばれ出したそうです。

a0009333_134532.jpg


 私の小さいときはそんな風には呼んでなかったですがね。その後黄色い車体の電車が導入されて「かぼちゃ」電車と呼ぶようになったらしく、そのころからなんでしょう。

 地鉄といえば路面電車なんですが、立山方面へ延びる本線と路面電車を600円で1日乗り放題の切符があると聞き、これで周遊することにしました。

a0009333_13454414.jpg


 電鉄富山駅に行ったら、まずびっくりしたのが映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の出演者が黒板にチョークでメッセージを残していたこと。三浦友和さんや余貴美子さん、小池栄子さんなどの直筆ボードが置いてありました。

a0009333_13461481.jpg


 富山出身の西村雅彦さんのは・・・、すみません、確認してきませんでした。大好きな俳優さんなんですが、電車が出る3分前だったので・・・。

 周遊切符で回るには、南富山駅方面の電車に乗ります。南富山駅で路面電車に乗り換え、富山駅方面へ戻り、ぐるっと回って富大前までいきます。終点でもう一度乗って、丸の内で環状線に乗り換え、富山駅へ戻ります。

 子どもは連続の電車旅でちょっと疲れたみたいでしたが、これまで親しんだ駅北側のライトレールとはまた異なる電車の旅に楽しそうでした。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-05-10 06:23 | 雑記(日記?)

富山で必ず立ち寄る店(3) 氷見きときと寿司   

 今回の大型連休で富山に戻りましたが、滞在中、やはり一度は行かなきゃ気が済まないのが「氷見きときと寿司」。我が家はもっぱら太郎丸店に行っています。



 ネタが新鮮で、おおぶりなお寿司。「本日のおすすめ」になっている寿司は基本一皿ずつ全部頼むべし。それに加え、特に「ぶり三種」「えび三種」「えんがわ」はいくべきでしょう。

 今回食べた「えんがわ」は、厚みがあって歯ごたえがしっかりして、甘みがじゅわっと感じられて絶品でした。「ふくらぎ」も値段は安めだが個人的には「ぶり」より好きだ。

 今回うちの子が「マグロの赤身」「中トロ」「甘エビ」に初挑戦。どれもおいしかったようで、2皿目は職人さんに自分で頼み、皿を流してもらって自分で取る、というお楽しみも。

 関東にも探せばうまい回転寿司はあるのでしょうが、やはりこの値段でこの内容だと海の幸の宝庫富山の勝ちかな。富山に戻ったら絶対行かなくては損ですよ。

 ちなみに、昔値段の書いてない氷見の寿司屋に親を招待したことがあるのですが、ここまで「うまかった」という印象が残っていない・・・。回転寿司で充分です。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-05-10 06:21 | 雑記(日記?)

名鉄トヤマホテル   

ゴールデンウィークは実家の富山へ帰省しました。

母が大病して退院したばかりなので、実家での宿泊は1泊のみとし、それ以外は名鉄トヤマホテルに宿泊しました。

もっとも驚いたのが、われらがヒデキが名誉支配人に就任し、ヒデキのオススメの宿になっていること(笑)



イメージキャラクターなんですけどね。

そうじゃなくて、一番驚いたのが、子ども2人を添い寝で予約したのに、布団4組、タオル4組と、人数分用意されていたこと。これは、本当にありがたいことなんです。

通常のサービスではなく手違いかもしれないので、常にこのサービスを受けられるとは限らないことをご承知ください。なにぶん、ヒデキが就任する前の名鉄トヤマホテルに泊まったときは、人数分の大人2名のセットでしたから。うちが勝手にヒデキが就任してサービスが上がったと勘違いしてるだけかも。

うちは、子どもと一緒に旅行するときは、子どもが小さいときは親の寝具に添い寝で予約してます。子ども布団ありにしても粗末なエクストラベッドが置いてあってお金取られる(北海道)とか、空いてる場所に布団一枚ひいてあって料金かかる(大阪)といったひどい扱いが結構あったので、だったら一緒に寝ちゃえばいいと思ったからなんです。

名鉄トヤマホテルには和室があって、畳+ソファ&テーブルという広いつくり。ここの和室にチェックイン時にすでに4組の布団がひいてあったのですから驚き。

子どもたちも旅の疲れですぐにでも寝ると言い出し、こういうサービスは子連れにはほんとに助かります。

そして前回なかったサービスがコーヒーサービス、24時間マンガ貸し出し、それからドライヤーや加湿器、女性用のシャンプーの貸し出しなど。もちろんすべて無料。

なぜかホテルのエアコンは乾燥してのどが痛くなるので、加湿器は必須。

極めつけは朝食のおいしさがぐっとUPしたこと。

ここに現在計画中の大浴場が加われば、リーズナブルなお値段を加味して、最強の部類に入ってくるでしょう。

がんばれ!ヒデキ!

がんばれ名鉄トヤマホテル!
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-05-05 11:57 | 雑記(日記?)

新聞記者の先輩   

 久しぶりに学生時代の先輩に会った。新聞記者になったこの先輩は、非情に頭の回転が速い。ノッてくると口も速くなる。今日はこの先輩を我がサークルの講師に招いて種々お話を伺ったのだが、お話を伺うたびに新しい視点、そして深みのある視点を提供してくれるので、本当に触発される。

 今日はどんな感じの話があるのかな?と期待しながら座っていたのだが、スタートから全開バリバリで、キーの高い声で速射砲のように言葉が飛び出す。私は以前から知っているが、今日初めて会ったサークルのメンバーはさぞ驚いたことだろう。

 今日の話で特に印象に残ったのは、現代日本人の思考に潜む懸念というお話。

 先日見たテレビで、芸能人が政党の名前を答えていくというクイズ?で、最後まで誰も思いつかなかったのが「みんなの党」だそうで、それにかなり驚いたと。

 なぜ驚いたかというと、かつて、鼻息も荒く「新自民党」を名乗らんばかりに登場し話題をさらった「みんなの党」。地方議会でも社民や共産を蹴落とし、受け皿の位置を固めたこの党が、完全に忘れ去られているという現実に、有権者の関心の移ろい易さに衝撃を覚えたそうだ。

 この先輩のすごいところは、その衝撃の根拠として、プラトンの国家論が飛び出し、さらには過去の「マドンナブーム」「共産党ブーム」「小泉旋風」から「政権交代の大風」や最近の「橋本維新」までのブーム現象を概括した上で、かつて最も優れた民主主義憲法と言われたワイマール憲法下でナチス・ドイツが誕生した歴史的事実を勘案し、今日の日本人の思考は、やがて衆望を集めたヒーローに全てを託す専制的な制度を選択しかねない懸念を覚える、と流れるように論説するところだ。

 結論としては、一人一人が今日的な「風」の一員で満足することなく、賢明にならなければならない、さもなくば、民主主義は、衆望の結論として大いなる過ちを犯しかねないというもの。
なるほど~。示唆に富んだ、非情に深い話を聞くことができた。思索を深めていこう。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-04-17 06:22 | 雑記(日記?)

車屋のタッチー(2) 衝撃の結末   

車屋のタッチー(1)の続き

後日の話。この会社は会社としてどーなの?ということが続発。

○日までに残額の半分払ってという指定の日に払ったが、入金の確認しようとしたらその日はお休み。

はぁ?休みならこの日までにって指定すんなよ。

数日経っても入金確認の連絡こないから、こっちから電話した。「タッチーお願いします」「あいにく接客中で・・」「折り返しケータイに電話くれ」でその日電話こず。

次の日メールする。リターン無し。

別の日、電話する。今度は他の電話で電話中。しばらくして折り返しがきた。「大金動いてるんだからそういうところしっかりしろよ。この前出たヤツ折り返すって言ってたじゃん」「そうだったんですか?聞いてなかったんです」とタッチー。

なにしろ電話に出たヤツはこっちの名前は必ず聞くが自分は名乗らないので、誰に伝えたかこっちも言い返せないのだが。

しっかし、会社の信用ってものをどう考えてんのか、この会社は。

領収書の宛名違いとかあって、同じようなやりとりがもう一回あって。

別の日、カスタムカーの会社だから、カラーリングが自由にできるので、詳細を詰めたいからどこをどう選択可能なのかリストくれと言ったらリストは無いという返事。

デモカーが白でガンメタ塗り分けとかかっこよくやってたんだけど、私は車体を黒にしたので黒にガンメタはさすがになかろうと、雑誌とHPをにらめっこしながらここはこの色、シートカバーのタイプはこれで色はこれ、という感じで全部リストアップしてメールで送信。

これって営業がやる仕事だよな~。

タッチーからすぐに返しがあるはずがなく、2週間が経った。さすがに頭に来たので電話。またつながらず。

ようやくタッチーから電話がきて、「これはいけます。これもいけます。」と一点ずつ確認。

シートカバーのタイプはダメ出しくらった。

「これは発売したばかりなんで、まだサンプルも届いてないんスよ」

だから知らんがな。サインしたときに「この中から選んでください」と渡された雑誌に載ってるから、選んだんだよ。だからこうなることわかってたからリスト示せって言ってんじゃん。

「そんなん後出しジャンケンじゃん。ダメだよ。」と要求を飲ませ、カスタムの内容をようやく確定。

ある日、ディーラーのサイトを見ていたら契約時のベース車が無くなってラインナップが変わっていた。契約時の車両を確保してしまっているなら新古車的になるので金額下げてやろうと思い、この場合扱いはどうなるのかとメールした。

1ヶ月ほどたってからタッチーから電話がきた。タッチーはこのくらいの時間がかかるヤツだとわかったからずっと待ってた。

「ディーラーのラインナップが変わって、ベース車が変わります。ベース車が前より機能が増えているのに価格が下がったので、前のベース車にオプション付けた部分が本体価格に含まれ、いくらか返却になります」ということ。

ベース車の本体価格が8万の差だったので「8万戻ってくるのね?」と確認。「うーん、ちょっとこのお電話では・・・。計算して電話します」

また一月後か・・・。

これが秋ごろの話。

11月に入った。電話した。「今日は休んでます」。後日電話することにした。

翌週「今日は休んでます」ん?何かおかしい。予想を超える展開の予感。

「え?ずーっと休んでるの?」「はい。」「休んでるじゃ困るから誰でもいいから返金の話がどうなったか連絡くれ」

またしばらく連絡がない。頭に来たから、法的に有効な覚書の書類を作ってハンコ押して返せと手紙を書く。覚書にはカスタマイズの項目がずらりと並び、もちろん、差額8万と明記。

それでも反応無し。電話した。タッチーを呼び出してもらちがあかないので、こちらが名乗ったあと担当を出せと。
「席を外している、折り返させる」という。バカタレ。「担当は○○ですが外してます」だろが。それに折り返しかかってきたためしねーだろ。「担当の名前は?」と不機嫌さ満載で名前を確認した。

後日そいつを直接呼び出す。差額は2万だという。だから覚書にハンコは押せないという。

なぜ2万になるのか確認。納得はできなかったが、以前交渉してた肝心のタッチーがいないから、らちがあかない。「辞めたのか?」と聞くと「連絡が取れない」という。アホか。そんなわけ無いじゃん。

結局、社で用意している安いカーナビを、価格.comで一番高いカーナビに代えさせてこちらも手をうった。納車は来月だ。

うるさい客だから若造だとやばいと思ったのか。担当を代える口実にしてはガキっぽいが。

納車は引き取りだからその日休めばいないことになるし。

いずれにしてももう二度と会うことはないだろう。さようならタッチー。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-02-07 23:36 | 雑記(日記?)